恋するBLOG

読めば効く恋愛サプリ!!

家事の分担、共働きの僕たちの場合。

f:id:koisurublog2012:20131221220639j:plain

 夫婦にとって、特に共働き夫婦にとっては、家事をどうするかは大問題。夫婦の数だけ、家事のやり方にパターンがあるといっても過言ではないかもしれない。僕の友人カップルたちだって、千差万別だ。

 家事を完全に分業している夫婦もいるし、専業主婦、主夫だからということで、どちらかにお任せという家もあるだろう。共働きでも、仕事の忙しさで、どちらか一方にお任せという二人もいるかもしれない。

 ちなみに共働きの僕たち二人は、手が空いているほうがやるという方式。自分が手が空いてれば、料理、皿洗い、洗濯と家事をこなしてく。もちろん、逆もしかり。奥さんが手が空いてれば、奥さんがこなしてく。

 両方とも時間があるときは、二人で、料理、洗濯、掃除とやっていく。ささっと片づけて、二人でゆっくりくつろぐ。一方が、家事をして、もう一方がくつろいでいるということは基本的にない感じ。

 利点としては、二人で協力してやるので、楽しくできるということ。料理、特に餃子なんかを作っているときは、友人たちとパーティーしている感覚になる。また、自分が忙しいときに家事をしてくれた奥さんに対して、感謝の気持ちが持てること。

 「ありがとう」という機会が増えるので、奥さんとの関係が円満になる。さらにお互いに「ありがとう。」という言い合えるので、家事を頑張ろうという気持ちになりやすいんだよね。

 欠点としては、一方が全くやる気がないと成立しないこと。ただし、「できない。」のと「やる気がない」のは違う。できないのは、少なくともやる気はあるので、家事を覚えてくれる気はある。

 しかし、「やる気がない」のは、家事ができてもしないということ。これだと、一方ばかりに家事の負担がいってしまい不満が溜まってしまう。こうなってしまうので、家事を分業しようという話になるのだと思う。

 ただし、分業の欠点は、どうしても、自分の分担に不満を覚えてしまうこと。相手のほうが負担が軽そうに見えてしまって、自分が損をしているのではと思いこんでいく。だから、僕と奥さんは、分業というスタイルを取らなかった。

 もし、家事が上手くいっていないなと思ったら、参考にしてみてください。

 

無料恋愛相談はこちら

ではまた次回、さらばじゃ!!