恋するBLOG

読めば効く恋愛サプリ!!

「努力は報われる。」の真実

 努力は報われると主張する人。努力したって報われないことがあると思う人。いつの時代も努力については論争が起きてきた。最近では、AKB48高橋みなみさんが、前者の主張で有名だし、後者では、ラジオでさんまさんが、「努力は報われるという考え方は間違い。」とバッサリと切って捨てた。

 私は、この2つの主張について、両方ともある意味では正しいと思っている。なぜなら、努力して報われようと思えば、適切なやり方で、一定以上の期間、続けることが必要だからだ。

 間違ったやり方だと絶対に目的の結果は得られない。また、適切なやり方をしたとしても、ある程度やり続けなければ、得たい結果は得られないからだ。この2つは絶対に押さえておかなければならない。

 では、まずは基本的な間違った努力のパターンについてお話ししよう。私は小学校のとき剣道を習っていた。練習には欠かさず参加していたし、手を抜かずに稽古をしていた。しかし、試合に召集されるのは、いつも他のメンバーで、私はサブだった。

 私は、そのことを不満に思っていたけれど、それでも一生懸命に稽古をしていた。あるとき、先生が私を指導しているときにこう言った。「おまえは、練習熱心だが、間違った技術を覚えてしまった。だから、上達しない。」と。

 この会話がきっかけで、私は馬鹿らしくなって剣道を止めた。いくら練習しても上手くならないんだと思ってしまったからだ。この判断は正しかったかどうかわからない。けれど、間違った努力を続けても、結果は出ないという典型的な例だと思っている。

 間違った努力をしてしまう2つ目のパターンは、恋愛だ。恋愛は、自分は相手のことが好きでも、相手が自分のことを好きになってくれるとは限らない。どんなにイケメンでも、彼女が私とは合わない、友達としてしか見れないと思ってしまったら、それを逆転するのはなかなか難しい。

 もちろん、あなたのアプローチしだいで気持ちは変わるかもしれない。けれど、何とかしようと必要以上に積極的にいくと相手はあなたをドン引きしてしまう。恋愛、人間関係も含めてかもしれないが無理な人とは無理だ。それは努力では決して解決できない。

 最後のパターンは、無謀な挑戦だ。例をあげるならば、35歳の私がメジャーリーガーになるために努力をするようなことを指している。35歳といえば、体力的にもおちてきて、ほとんどのプロスポーツ選手が年下だ。そんな私が今からメジャーリーガーに挑戦する練習をしたって、それは適切な努力とは言えない。間違った努力と言わざる負えないだろう。

 次は、最初にも述べたが、努力を続けることの大切さについてお話ししよう。三日坊主という言葉があるように、いくら一念発起しても何かを続けるということは難しい。

 しかし、得たい結果を得るためには、一定期間以上の努力は必要だ。具体的には1万時間くらい努力しないと結果はでないと言われている。しかし、そのくらいの時間、努力し続けることができる人はどれくらいいるだろう。ほんの一握りのはずだ。

 よく世の中では、好きなことを仕事にしなさいとか、得意なことを仕事にしなさいと言われている。これは、たいていの人が好きなこと、得意なことじゃないと努力を続けることができないからである。

 しかし、大半の人がたまたま縁があった好きでもない仕事をしている。だから、努力しようとしても続かない。だから、当然、結果もついてこない。当たり前だ。

 最後になるが、私は間違った努力を続けても、得たい結果は得られないとお話ししてきた。ただし、目的の結果は得られなくても、必ず別のどこかにつながっているとは思っている。

 例えば、私は、剣道では結果が出なかった。しかし、いつの間にか持久力がついていて、市の主催しているマラソン大会の小学生高学年の部に参加したら、10位という結果が出た。

 恋愛では、学生時代、ターゲットの彼女には、こっぴどく振られた。ただしオシャレはとことん研究したので、周囲からはオシャレさんとして一目置かれるようになった。と、まあこんな具合にだ。

 もし間違った努力を続けてしまって目的の扉が開かなくても、ひょんなところの扉が開いていく。だから、全く報われない努力を探すのは案外難しいかもしれない。