読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋するBLOG

読めば効く恋愛サプリ!!

いい男が結婚相手として選ぶ女、選ばない女。

f:id:koisurublog2012:20150704114404j:plain

「結婚してください、僕があなたを幸せにします。」

 こんなプロポーズを期待しているなら、あなたは少し残念な人かもしれない。

 

 確かに女なら誰しも夢見る瞬間だとは思う。しかし、断言しよう。男に幸せにしてもらいたいと思っている女ほど、白馬の王子様は現れやしない。いい男になればなるほど、そんな女は選ばない。間違いない。

生きにくい社会

 今の世の中、サバイバルである。バブル崩壊以降、生きていくリスクが増えている。経済の低迷により、効率化して利益を確保が至上命題。そのためにリストラするのは当たり前。

 結果、残った社員は過酷な労働を強いられる。そして、心を病む人が続出。このご時世、ほとんどの人が軽いうつ病だと言われている。男がいつ働けなくなるかわからないと思ってしまうのも無理はない。

 もちろん、景気が良くないため、収入も横ばいか下降気味。右肩上がりの給料なんて、過去の話だ。そんな時代で、男の収入だけで、妻子を養うことができるのは、ごく一部の限られた人たちだけだろう。子供がいればなおさらだ。パート、アルバイトを選択するにしても、大半の人が共働きを選択せざる負えないんだ。

 ある友人の妻は、結婚して以降、「私は働かない。」と宣言した。そして、実際、全く働いていない。子供は1人。彼自身は、名の知れた大手企業に勤めているが、実際のところ、経済的にカツカツだ。しょうがないので、妻の実家に食料品等を援助してもらっている。マイホームも建てたいが、妻が働く気がない以上、無理だと嘆いていた。

 夫が家事も手伝ってくれる、育児もやってくれる、自分の自由にさせてくる。夢のような結婚生活だ。しかし、夫にそんな心の余裕は全くない。前述のとおりストレスにやられているからである。

 だから、精神的にも、経済的にも自分に依存してくるような女を男は結婚相手として選びたくない。もっと言えば選べないのである。

女の価値は下がっていく

 だったら、玉の輿を狙えばいい。お金持ちの男だったら、私の望むようにさせてくれる、お金だって、自由に使わせてくれると思うかもしれない。しかし、そんな男からあなたは選んでもらえる価値があるだろうか。

 あなたは若くて美しいかもしれない。しかし、若さや美しさは年齢を重ねるうちに価値が下がっていくものである。若さも美しさもなくなったあなたとお金持ちの彼は一緒にいる価値を感じるだろうか。

 一緒に家庭を経営できるパートナー

 ここまでは、いい男は結婚相手として自分に依存してくる女を選びたくないとお伝えしてきた。では、実際のところ、いい男は、どんな女を結婚相手として選びたいと思っているのだろうか。結論から言えば、一緒に家庭を経営できるパートナーである。


 経営というからには、まずは経済的な話をしよう。男に取ってみれば、共働きは本当に助かる。経済的にはもちろんのことだが、メンタルでもそうだ。妻が働いてくれているだけで、精神的に落ち着く。


 なぜなら、自分に何かあったとき、リストラや病気等のケース、会社が嫌で転職しようと思っているケースなどで、とりあえず当面の収入を心配しなくて良いからである。これが1馬力だとプレッシャーがかかる。全てが自分の肩にかかってくるからだ。

 もちろん、私だって女性には働けない時期があることも知っている。出産、育児の時期だ。私にも生後8か月の赤ちゃんがいるが、やはり男の私より妻だなと思う場面がどうしても多々ある。だから、私は常に共働きじゃないとダメだと言っているわけではない。
 ただ夫に何かあったときに自分が働いて家族を支えるんだという覚悟を持っていてほしいということだ。でないと、男も安心して働けない。

男も弱音をはきたい

 女は話を聞いてほしい。日常のことから仕事のことまで、何から何までだ。不満があったとしても、別に解決方法を求めているわけではない。聞いてもらえることが癒しにつながる。ただ妻が自分の話ばかりを聞いてほしがる女だと夫はどう感じるだろうか。

 もともと男は女の話を聞くのが苦手な生き物だ。当然、一緒にいるのがしんどくなる。また、男だって弱音を吐きたいときがある。そんなときにあなたは夫が弱音を吐きやすい女でいるだろか。吐きにくい男の弱音を聞き出せる、そんな女にあなたはなっているだろうか。

 夫も弱音を吐ける家庭こそ、癒しやぬくもりにつながると私は思っている。家庭を経営するとは、経済面もそうだが、メンタル面でも支え合えることを指すと私は思っている。

お姫様になることはできない

 結婚生活とはあなたがお姫様扱いをされて、夫という白馬の王子様に守ってもらうことではない。夫とペアを組んで、武器を取って、社会の理不尽なことと戦うことだ。

 その中で、夫が傷ついたら、あなたは癒しの魔法を使ってあげなければならないし、もちろん、逆もしかりである。当然、子供が生まれたなら、二人で子供を守らなければならない。だから、お姫様になれるのはたった1日、結婚式の日のみなんだ。

 もし、あなたに結婚に対してお姫様願望があるなあと思っているふしがあるなら、ちょっと考え直してみてほしい。

今日はそんな感じで、Ciao!! 


あとがきです。

koisurublog2012.hatenablog.com

良かったら、こちらもどうぞ

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp