恋するBLOG

読めば効く恋愛サプリ!!

「いつか結婚する」が実現する女と、夢で終わる女の違いとは。

 

f:id:koisurublog2012:20150812221119j:plain 

 ある友人の話をしよう。彼女は数年前、大手企業で働いていた。しかし、不況でリストラ寸前。アラフォー、彼氏なし。まさに、崖っぷちだった。しかし、今は年下の夫と子供と3人で幸せな家庭を築いている。まさに現代のシンデレラストーリーだ。

 

 別の友人の話もしよう。彼女もアラフォー女子。未婚である。適齢期に妙齢の男と知り合って結婚するだろうと軽く考えていた。確かに出会いがないわけではなかった。けれど、未だ独身。正直、もう結婚も出産も諦めたと語っていた。

結婚適齢期

 結婚適齢期と呼ばれている時代がある。まあ、今どきなら25歳~35歳くらいだろうか。一般的にはそのくらい結婚すれば、1人くらいは出産できると考えられている。

 実際、多くの人がそのくらいの時期に結婚していく。だいたい30歳くらいがピークになるだろうか。その後は緩やかに減少していく。結婚は早い方がいいとか、30歳過ぎて成熟してからのほうがいいとか、いろいろ意見はあると思う。ただ私個人はどちらがいいとも思っていない。

 それは自分のタイミングで、結婚が、相手が向こうからやってくるものだからだ。しかし、アラサー女子、アラフォー女子の中には、私はもう結婚したいと思っているのに、全くその気配がやってこないと嘆いている人も多いはずだ。

 時を同じくして、周囲にいたはずの男たちは、みんな結婚していなくなってしまった。さらに、女友達が次々と相手を見つけて結婚していく。少しずつ、焦りと不安が増していく。

「決めた」か「決めなかったか」

 冒頭の2つのストーリーに話を戻そう。なぜ、2人ともアラフォー未婚だったはずなのに、圧倒的な差が出てしまったのだろうか。答えは、「決めた」か「決めなかった」かの違いだと私は考えている。

 もっと言えば、「変わりたかった」か「変わらなくても良かった」かの違いである。正直、「何言ってんだ、2人とも結婚したいって思ってるじゃないか」とか「婚活もしているし、違いなんてないんじゃないか」と批判したくなると思う。

 しかし、単に「きーめた」と表面上決めているのとハートの底から湧きあがってくる決意とではわけが違う。

 今度は私の話をしよう。私が29歳のころ、前の彼女が結婚したことを知った。おせっかいな友人によってだ。彼女と別れてから、2年近くフリーだったのは、前カノに未練があったことは否定できない。

 別に出会いがなかったわけじゃない。微妙な関係の女の子はいたし、それ以外に女の子とも食事に行ったりもしていた。ただ一つ言えることは、当時の私はその生活にそこそこ満足していたことだった。

 しかし、前カノの結婚の知らせは、私にとって言いようのない寂しさを掻きたてた。そして、私は地方に住んでいるので、周囲の結婚も早い。その年、近所の私の友人は片付いてしまった。

 この2つの出来事によって、その時点では、相手もいなかったが、私は結婚することを決意した。ハートの奥底から結婚したいという願望が湧きあがってきたのである。

 結婚しようと決意してやったこと

 そこから、私は行動を起こすことなる。まずやったことは、女の子のフィルタリングだ。その頃の自分は、周囲の女の子を異性としてほとんど見ていなかった。だから、もう一度、付きあってみたいかどうか、セックスしてみたいかどうかを意識した。

 また、今までは誘われればコンパに行く程度だったが、自分で企画して人を集めた。さらに、自分と価値観が近い人が集まるところには積極的に行くようにした。

 当然、新しく人と知り合うようになる。また周囲の女の子についても、見方が変わるので新しい発見があったりする。結果、周囲の人間関係が再構築されていく。そして、今の奥さんとひょんなことから食事に行くことになったのだ。

決意は応援してくれる

 この奥さんとの出会いを後押ししてくれたのは決意である。決意しているからこそ、行動できるのである。とりあえず、「コンパに行ってまーす。」とか「婚活してまーす。」では、まず続かないし、疲弊するだけだ。欲しい結果は得られない。

 人は変わりたくない生き物である。仕事はそこそこ充実している。女子会も楽しい。結婚したいけれど、彼を探すのは大変だから、後回しでいっかと思うかもしれない。しかし、ある日、気がついたら1人だった。そんな状況になってしまうのが嫌なら、結婚に真正面から向き合ってほしい。きっと、そこから変わり始めるはずだ。

 

今日はそんな感じで、Ciao!! 

良かったら、こちらもどうぞ。