恋するBLOG

読めば効く恋愛サプリ!!

男が結婚を決意するとき。

f:id:koisurublog2012:20151004172639j:plain

 私が結婚を決めた理由は結局これしかなかった。

 

彼女を逃したら、結婚しない人生を選択することになるだろう」というある種の予感めいたものを心の底からわいてきたからだ。私の周囲の既婚の友人たちも似たような理由を語っていた。

男が結婚を決める理由

 もちろん、他にも理由はいくつかある。彼女のお父さんにプレッシャーをかけられたとか。身近な友人がみんな片付いてしまい、結婚を意識せざる負えなくなったとか。さらに、30代に突入して独身のさびしさを感じるようになったとか。

結婚のデメリットしか話さない 

 もちろん、結婚している友人たちは、メリットなど全く語らず、デメリットばかり語る。金銭的な面も含めて、自由がなくなったとか。家事をしないと奥さんが怒りまくるとか。経済的にちょっとしんどいのに、妻は働く気が全くないとか。

 ただこれから結婚したい、もしくはしようと思っている人たちは、既婚者が語るこういったデメリットの話は、話半分に聞いておいた方が良い。確かにデメリットはある。そこは否定できない。しかし、まず間違いなく話を膨らませてオーバーにしている。

 結婚に対する愚痴や不満の話を面白おかしく語っている人は、ほとんど場合、結婚生活にそこそこ満足しているのである。本当に深刻な離婚の危機に瀕している場合には、本当に親しい人にしか話さないものだ。男ならなおさらだ。

この人と結婚するかもという視点

 20代後半以降、恋愛するなら、結婚相手としてどうかという視点を持ってつきあう人は多いと思う。特に女性は早い段階からそう視点を持っていても不思議ではない。私もそのうちの1人だった。

 それは年を重ねるごとに強まっていく。そして、この人とは結婚はないなと思った時点で、何らかの理由でケンカが勃発し別れを繰り返した。そして、今の妻と付き合って一年ほど経過した後に、結婚の話が持ち上がってくるようになった。

 そのときに、前述した予感がわいてきたのである。私の中で、このまま1人で生きていくという選択をする気は毛頭なかった。現実的に私には無理だとも思っていた。だから、妻の父にプレッシャーをかけられたときに、すんなりこのタイミングだなと思えたのである。

「この人を逃したら・・・。」

 たぶん、これを読んで下さっている女性の中には、彼が結婚してくれないと不満を持っている女性もいると思う。だから、なぜ、私が「この人を逃したら…。」という気持ちになったのかを分析してみたい。

 いくつか理由があるけれど、一つ大きな理由をあげるとすれば、根本的な私を変えようとしなかったことだ。当時、私は勤めていた会社の退職を考えていた。会社自体は堅い業種だったため、私の考えに否定的な人だらけだった。

 私は地方都市に住んでいる。そこには東京ほどの多様性はない。だから、結婚や働き方に対して、保守的な考え方の人がほとんどだ。しかし、そんな中、私は新しい生き方、働き方を模索していた。現在もそれは継続中なのだが。

 そういった私の考え方を妻は全く否定しなかった。過去の彼女たちは、自分の考え、保守的な考えに合わせてほしいと私に求めてきた。逆に、妻は模索し続ける私の姿勢を受け入れてくれたのである。

完璧な男はいない

 女性にとって結婚とは、白馬の王子様に幸せにしてもらうという夢があるかもしれない。けれど、この世の中でそれを求めるのは不可能だ。なんでもかんでも守ってくれるような完璧な男なんていやしない。

彼のために何ができるのか

 お互いにこの人のために何ができるだろうかという視点を持てなければ、結婚生活を維持していくことは難しい。あなたは彼のマイナスな部分を受け入れてあげることができるだろうか。彼のハートブレイクを包んであげられるだろうか。また、彼の夢を認めてあげることができるだろうか。

 もし、このクエスチョンにすぐに答えることができなければ、あなたはまだ運命の人と出会う準備ができていないかもしれない。

 今日はそんな感じで、Ciao!!

www.koiblo2012.jp

 良かったら、こちらもどうぞ。