読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋するBLOG

読めば効く恋愛サプリ!!

あなたに後悔してほしくないから伝える、僕がもっとも恋愛で後悔したこと。

f:id:koisurublog2012:20170109121112j:plain

片思いの相手に、告らずに終わってしまったとき。
彼とケンカ別れしてしまったとき。
終わりを告げないまま自然消滅してしまったとき。

 

恋愛が終わったとき、悔いが残ったと思う人は多いと思う。で、もやもやする。もんもんとする。相手に未練が残る。彼を忘れられない。大半の人がそんな感じだろう。では、少しでも、恋が終わったときに、未練を残さないようにするためにはどうしたらいいだろうか。今日は、そこを考えてみたい。

僕と元カノ

少し僕の話をしてみる。10年くらい前につきあっていた彼女との話だ。彼女とは自分で言うのもなんだが、燃え上がるような恋をした。毎日、長電話をした。会えば、お互いに「結婚したい」と言いあった。とりあえず、一年くらいは彼氏と彼女の関係でいるつもりだったけれど、婚約したぐらいのつもりではいた。

二人ともそんな感じだったから、何でも言い合った。好きなところ、嫌いなところ、やってほしいこと、やってほしくないこと。本当にいろんな話をした。当時、ソフトバンクのラブ定額という携帯の契約していたから、ホント、夢中で話をしていた気がする。

僕は思ったことを簡単に口にしてしまう性格である。そして、当時は、彼女だったら、何を言ってもいいと勘違いしていた。で、運命の分かれ道になった一言を僕が言った。何を言ったかは、正確には覚えていない。

ただ僕は彼女が大切にしていたことを否定したらしい。それに対して、彼女が激怒した。それから、僕たちの関係は水と油になり、結局、破滅した。ただ、今でも思っているのだが、彼女の大切なものは否定していない。誤解されたと思っている。

その頃の僕はというか今もだけど、謝ることが苦手である。だから、誤解だと上手に謝れなかった。また彼女が大切にしていたものは、僕にとっても大事なものだ。だから、否定したはずもなかったはずだった。

悔いが残ったことは諦めたこと

ここまで読んでくださったあなたは、彼女の誤解を解けばうまくいったのではないかと思ったかもしれない。それが僕にとって悔いが残っていることではないかと。確かにそれも一つの後悔だ。でも、一番、後悔したことは、彼女とのコミュニケーションを諦めてしまったことである。そこに全力を尽くさなかった。だから、悔いが残った。

事が勃発してから、彼女はヒステリックになった。もともと白か黒かはっきりさせたい性格でもあったし、僕が思うように動かないというのもイライラさせる原因だった。だから、彼女は電話口で、大きな声をあげた。

正直、僕はそんな彼女に閉口していた。何でそんなに怒るのかと。怒る理由があることなのかと。僕も誤解を解きたいとは思っていたけれど、ヒステリックに怒るので、だんだん気力を失われていく。

そして、彼女のことを好きかどうかも分からなくなっていた。結局、別れ話を切り出されたとき、引き止められなかった。

引き止められなかった僕のその後

しばらくして、僕は自分がやったことに対して、すごく後悔した。怒っている彼女に対して、何とか、コミュニケーションを取り続けるべきではなかったかと。「別れたい」と言われたときに、頭を地につけて引き止めるべきだったのではないかと。

正直、別れ話をされたときに、僕はもう彼女なんてめんどくさいと思っていたと思う。だから、引き止められなかった。けれど、失って初めて気がつくものもある。

100%うまくいく保証はない

さて、これを読んでくださっているあなたはどうだろうか。全力を出したとしても、彼と100%とうまくいく保証なんてない。そう思ってガンバれない人もいると思う。ただガンバレないと悔いが残る。それだけは間違いない。

恋の悩み、人間関係の悩みもそうだと思うけれど、100%うまくいく保証がない以上、評価は自分の中で、達成感があるかないかだ。失恋しても、やり切ったと思って恋が終わるのと、もやもやが残ったまま恋が残るのでは違う。

もちろん、2つとも心が痛い。しかし、癒される速度が違う。事実、僕は彼女を最後まで追いかけなかったせいで、2年ほど荒んだ。けれど、違う女性とつきあって終わったときは、未熟な自分では、これが精いっぱいだったとあっさり諦められた。

ダメだと思ったら、あえて前に出る

だから、あなたも彼に対して全力でぶつかってほしい。もちろん、うまくいかないからといって、法に反するような行為はいけない。けれど、やり切ったと思って、恋愛を終わってほしい。そんなことを言われても、かっこ悪いのは嫌だとか、恥ずかしい思いをしたくないという思いはあるかもしれない。

けれど、そんなかっこ悪いあなたを誰が見ているのか、彼とあなた自身くらいなもんである。その他の人は正直、あなたにそこまで関心がない。だから、安心して、カッコ悪いあなたをさらけ出していい。

このまま終わったら、悔いが残ると思ったら、あえて一歩、前に出よう。出たからといって、もちろん、うまくいく保証はない。けれど、何もしないまま終わるよりは、後で悔いが残らない。思いを残すことがないように、ちゃんと気持ちを成仏させてあげよう。

その方が楽に生きられるから。

今日はそんな感じで、Ciao!!

よかったら、こちらもどうぞ。




www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp