読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋するBLOG

読めば効く恋愛サプリ!!

僕がジャンルを問わず純粋に、 いいね! を押すオススメの本 ④

このエントリは、純粋に「いいね」と思った本を紹介します。小説、自己啓発、ビジネス書などジャンルは特に決めてないです。

早速、紹介します。

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 この本はちょっと外せないです。タイトルで買いました。僕は、一時期まで、嫌われたくないと思って生きてきました。でも、やりたいことをやっていくうちに、嫌われることへの恐れが少なくなってきたんです。もちろん、今も嫌われたくないという気持ちはありますが、かなり減りました。

 

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 

 この本は僕が文章を書く上で、参考にしている本。僕の師匠から勧められました。作者の方は、「嫌われる勇気」を作られた方。文章の参考書として、手元に持っています。それから、この古賀さんが書かれているnoteは購読しています。

 

 

見えないチカラを味方につけるコツ (Sanctuary books)

見えないチカラを味方につけるコツ (Sanctuary books)

 

 僕はスピリテュアルを否定していません。否定する方もいらっしゃると思いますが、目に見えないチカラは存在すると思っています。ということで、またタイトルで買いました。なんとなく気になる方は読んだほうがいい本。

 

 

 この本は、僕が文章の構成を考えるときに役に立っている本。ブログを書いてみて、書き出しが気に入らなかったら構成を変えてみるんです。僕みたいに無名の人だと、やっぱり書き出しが良くないと読んでもらえないんで。

 

 

非常識な成功法則【新装版】

非常識な成功法則【新装版】

 

 これは、定番の書。読まれた方も多いのではないかと思う。僕が驚いたのは、ダークサイドのエネルギーを上手に使うということ。これは、はあちゅうさんとも被っているなと思っている。

 

伝え方が9割

伝え方が9割

 
伝え方が9割 2

伝え方が9割 2

 

 このシリーズは、本当にわかりやすくて、簡単にマネできるなと思わせる本。でも、やっぱり、最初に出た続編より、最初に出た本の方がいいなと思ってしまった。これは、しょうがないかなと思う。デートの誘い方がわからない、苦手だという人は、ぜひ、読んでほしい。

 

 

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 片付けが得意な妻が納得した片付け本。僕はこの本の内容より、この本に詰まっているこんまりさんの片付けに対するエネルギーに圧倒されてしまった。文章が好きな人なら、この本のエネルギーを感じていたほうが良いと思う。

 

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか

影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか

 

 僕は海外の作家が書いた本は、基本的に苦手。訳した人によるのかもしれないけれど、眠たくなってしまうことがほとんど。それでも、読んだこの本。人を動かすために何が必要か詳細に説明されている。

 

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

 今まで、朝井リョウさんは読んだことはなかったんだけど、映画化されたのをきっかけに手にとりました。シューカツを舞台にした作品。最後にすっごくカタルシスを感じてしまった。さすが、直木賞。面白いけど、ちょっと疲れる。

 

 僕は映画は見ていない。この本で膨らませたストーリーを映画館で体感できるかちょっと分からないからだ。でも、映像がすっごくキレイなので、ちょっと見てみようかとも思っている。

 

今日は、そんな感じで、Ciao!!