読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋するBLOG

読めば効く恋愛サプリ!!

彼から「いつも会いたい」と思ってもらえる女になれるエントリー。

恋愛、婚活 自分の話

f:id:koisurublog2012:20170305224635j:plain

ときどき、ご相談いただく、「好きな人とうまくいくためには、駆け引きを使ったほうがいいの?」というもの。先日も、そんなご相談をいただいたので、ちょっと、詳しく書いてみたいと思います。

 

いきなりですが、2人がうまくいくために必要なことってなんだと思いますか?僕の答えは、カップルでも、夫婦でも変わらないと思うんですが、「また会いたい」とか「毎日、会いたい」という気持ちなんですよね。

そんな気持ちになるためには、何が必要なのでしょうか? 一つ目は個人の魅力です。それは、外見であったり、コミュニケーション能力だったり、知識のようなものだったりするでしょう。自分の香りなんかも魅力の一つかもしれません。

世の中の状況で言えば、男性には、女子力を、女性には男子力が求められています。ここでいう女子力とは、育児、家事ができるとか、洞察力があるといったところでしょうか。男子力は、サバけている、リーダーシップが取れるといった感じです。

ただし、これらは、即効性のあるものではありません。それでも、外見は、パーソナルスタイリストにお願いして、選んでもらえばすぐにチェンジできるものです。けれど、その他のものについては、少し時間をかけなければ身につきにくいものです。

じゃあ、即効性のあるものといえば、やっぱり駆け引きでは? と思うかもしれません。実際、僕もそう思って、女性を口説くためにどうすればいいのかと、手当たりしだい雑誌や本を読み漁った記憶があります。

けれど、僕みたいなオクテ男子に使えたのは、たった一つのテクニックだけでした。さらに言えば、実際に使ったのは、1回だけです。なぜなら、そのテクニックは1人の女性に使えるのは1回だけでしたし、そのうち、他に大事なことがあると気がついたからです。さて、大事なことって、なんでしょう?

答えは、2人にとって楽しい思い出作りです。そして、楽しい思い出作りのために何ができるのか? ってことでした。2人の中で、楽しい思い出が残れば、また会おうって気に絶対になります。過去にも何度かブログで書いたことがありますが、楽しさは人を惹きつけてやまないんです。

僕は、ノープランでデートして、ファミレスで女の子と1時間くらい沈黙になった過去があります。今、思い出しても、イタイです。とりあえず、僕のイタイ話は置いておいたとしても、やっぱりノープランで何の気なしにデートするのは、関係ができるまでは危険です。

だから、楽しい思い出作りのために、準備が必要ってことになります。選ぶお店、行くところが大事になってくるわけです。

先ほど、少し述べたように今は女性にも男子力が求められています。引っ張ってくれる男性が減ったわけですから、女性にもデートプラン、すなわち、お店のチョイス、行くところのチョイスも求められてしまうわけです。ついでに、告白もしないといけなかったりするわけです。

告白の問題は、さておき、じゃあ、どんなところが楽しい思い出作りに最適かと言えば、感動するところ、インパクトのあるところがオススメです。ちょっと大げさに聞こえたと思うんですが、簡単に言えばSNSでシェアしたくなる場所です。

そういったところって、記憶に残るんですよね。後で、会話のネタにもなりますし。味自体はさほどでもなくても、盛り付けがキレイだったとか、料理にインパクトがあった、雰囲気が良かった、スタッフの対応が良かっただけでも、いい思い出になります。

どうしても、思いつかなければ、自分の好みで選びましょう。ぶっちゃけ、男はいつも同じものを選びたがりますし、そもそもほとんどの男は、女性が好むお店をあんまり知りません。男は、焼き肉が口癖です。

僕の個人的な考えですが、デートは事前準備で6割くらい成功するかしないかが決まっていると考えています。ファッション、雰囲気、選ぶ店、行くところで、人は大事にされているとか、イマイチだとか判断してしまいます。

実際のコミュニケーションで、逆転できないことはありませんが、どうしても最初に印象に左右されて始まるので、最初から高得点をもらえるよう準備しておいて損はないのです。

さて、最後にどうしても、駆け引き、テクニックを使いたい、あなたへ。僕は事前準備にエネルギーを割くことをおススメします。テクニックや駆け引きを使っても100%保証されるものではありません。

ただし、男性の褒め言葉、「かわいいね」とか「素敵だ」と言われたら、素直に「ありがとう」と受け取りましょう。それから、おごってくれるなら、遠慮なくおごってもらいましょう。

せっかく、褒めてくれたり、「いえ、そんなことないです」と否定してみたり、ごちそうすると言ってくれているのに、「いえ、自分で払います」と自分で払うのは、相手の好意を無駄にしてるんですね。

あなたと一緒にいると楽しいから、褒めてくれたり、「ごちそうする」と言ってくれてるんです。あなたに価値があると思ってくれてるんです。あなたが好意を受け取ることによって、彼も嬉しくなるもんです。ぜひ、受け取り上手になってください。

今日はそんな感じで、Ciao!

よかったら、お友だちになってください。「個別の恋愛相談」と限定コンテンツを配信中。

友だち追加

 

詳細はこちら。

よかったら、こちらもどうぞ。

 

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp