恋するBLOG

読めば効く恋愛サプリ!!

彼にモヤモヤしたときに読みたいエントリー

f:id:koisurublog2012:20170520110121j:plain

「そんなこと、言ってもいいんですか?」

「それを言ったら、嫌われると思うんですけど。」

個別のカウンセリングや LINE@で、ときどきこんなお話になることがあります。で、実際、勇気を持って言ってみると、すんなりお願いが叶ってしまったというご報告をいただきます。もちろん、お願いの大小はありますけれど。

 

彼とコミュニケーションを取るときに、一番大きな障害になることって、やっぱり思い込みなんですね。前回、勝手な思い込みで、ケンカになるよっていうお話をしました。今回は、その続編です。

あなたが損していること

相談やカウンセリングをしていてよく思うのは、みんなネガティブな思い込みをしてしまっていて損をしていることが多いんですね。その結果、うまくいっている恋愛でもこじらせてしまっていることが多いということ。

例えば、

彼が連絡してくれない → 私が彼を困らせているから、嫌われたのではないか?

彼が私とデートしてくれなくなった → 私のことを好きではなくなったのではないか?

彼がおごってくれない → 私のことを大切にする気がないのではないか

確かにそう思ってしまうのもわかります。事実として、不安になることを彼がしているわけですから。ただ、ここで、彼の行動を責めても、何も変わりません。だから、ベクトルを自分に向けます。

不安はずっとつきまとう

では、なぜ不安になるのでしょう。結論から言えば、彼の愛を信頼できていない。つまり、自分が彼に愛されているという信頼がないからです。愛されている自分に自信がないから、不安になってしまうんですね。

でも、この不安は、ずっとついて回ります。片思いのときはもちろん、お付き合いしているときも、そして、結婚してからもずっとお付き合いしなくてはなりません。

なぜなら、片思いのときは、彼が他の人を好きにならないか気になります。お付き合いしているときも、浮気や、他の女性に取られないか、心配に思います。結婚してからも、不倫や浮気が気になるわけです。

もちろん、自分の言動が、相手を呆れさせないかとか、嫌いにさせないかと思うこともあるでしょう。だから、相手に好かれているか、愛されているかの不安は死ぬまでつきまとってくることになります。

不安を和らげる方法

だったら、不安とうまく付き合うしかないですよね。そして、この不安を和らげる方法が2つあります。

一つ目は、自分が夢中になれるものを持つということです。私は、バドミントンサークルを主催していました。メンバーの一人に、彼と遠距離恋愛している女性がいたんです。その女性は、その遠距離の彼と結婚して、サークルを卒業していきました。

で、彼女がサヨナラするときに、僕たちに言ってくれたが、印象的だったんですね。

「このサークルがあったから、何とか結婚できたと思うわ。彼とのことでモヤモヤすることがあっても、ここで発散できたから、ここまでたどり着けたよ」

ネガティブになりやすい女性は、自分だけで深く考えすぎてしまって、負のスパイラルにハマりこんでしまうんですね。そして、引き寄せの法則ではないですが、彼との破局してしまう行動をチョイスしてしまう。

だから、どこかに彼とのモヤモヤを発散させるところを持つことが大切です。女子会でもいいですし、もっと他のコミュニティでもいいです。もちろん、一人でできることでもいいです。自分が楽しくて、夢中になれるものを持つことが、恋愛をうまくいかせます。

モヤモヤを彼に伝える

そして、もう2つ目の方法が、彼に直接、モヤモヤすることをぶつけてみるってことです。もちろん、伝え方には気をつけなければなりません。間違っても、溜め込み過ぎて、感情を爆発させるように伝えてはいけません。ドン引きされるだけです。

溜め込む前に、伝えましょう。自然に伝えれば、彼も普通に返事をしてくれるはずです。やってほしいことや、思っていることをシンプルに伝えることが大事です。そのくらい察してほしいと思うかもしれません。しかし、男に察してほしいは通用しません。

変に期待せずに、コミュニケーションを取っていきましょう。もちろん、これを言ったら、嫌われるかもと思うこともあるでしょう。これを言ったら、私、ワガママな女になるかもと思ってしまうこともあるかもしれません。

でも、それを決めるのは、彼です。彼がどう受け取るかなんです。あなたが勝手に決めることではありません。だから、言ってみなくちゃわからないことなんです。そして、言わなかったら、あなたは、彼へのストレスを溜め続けることになります。

ということで、彼にあなたのモヤモヤをお伝えしましょう。お願いしてみましょう。感情的にならずに、いつもおしゃべりしている感じで、伝えてみましょう。自分が考えているよりうまくいくはずです。もしかしたら、拍子抜けしてしまうこともあるかもしれません。

大事なのは、伝え方です。女性が溜め込んで、溜め込んで、感情を爆発させたとき、彼は、あなたのことをめんどくさいと思うようになります。だから、普段と変わらない感じで伝えることを意識してください。

モヤモヤするくらいなら、彼に伝えてみる。ぜひ、やってみてください。

今日はそんな感じで、Ciao!!

よかったら、お友だちになってください。「個別の恋愛相談」と限定コンテンツを配信中。

友だち追加

 

詳細はこちら。

よかったら、こちらもどうぞ。

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp