恋愛、婚活

男と女のLINEの基本

f:id:koisurublog2012:20180528113216j:plain

最近、彼とのLINEの相談をたくさんいただきます。例えば、既読スルーされてしまう、LINEでの会話が盛り上がらない、返事があったりなかったりで、どうしていいのかよく分からないなどなど。

 ということで、LINEの基本をまとめてみます。

1  男はLINEで仲良くしようと思っていない

2  LINEで長文は読めない

3  LINEで自分の気持ちを分かってもらおうと思わない

4  既読スルーを気にしない

 

では、以下で解説していきます。

 

1  男はLINEで仲良くしようと思っていない

これは過去にも何度かお伝えしたことがありますが、男性にとってLINEやメールは、連絡の手段です。女性のようにLINEで会話、コミュニケーションを取ろうとは思っていません。あくまで、連絡するためのツールです。

けれど、一つだけ期間限定の例外があって、出会いからお付き合いを始めた頃までだけ、テンションが上がっているので、LINEでコミュニケーションを取ろうとします。しかし、2人の関係が構築されたと思ったら、連絡の手段としてのLINEに戻ります。

しかし、女性は、付き合い始めた頃までの彼のLINEの感覚がなかなか抜けないので、冷たくなったとか、塩対応されたとか、彼に嫌われたのではないかと思ってしまうわけです。けれど、男の立場からすれば、それが普通なんですね。

学生はともかく、社会人になると仕事や他のプライベートで、忙しいもの。だから、無理に彼とLINEでコミュニケーションを取ろうとして、リアクションのイマイチさに凹むよりも、LINEは連絡のツールと割り切って、会話になったときがラッキーくらいに思ったほうが、気持ちが楽だと思います。

 

2  LINEで長文は読めない

昔、まだメールが主流だった時代、僕は先輩に長文のメールを送って、叱られたことがあります。画面が文字で埋め尽くされるほどの長文を送ってもらっても、読む気にならないと。

LINEなので、吹き出し形式なので、文字で画面が埋め尽くされることはありませんが、同じように長文は読めません。男性は、文章を読むときに、結論を探して読む習性があります。回りくどい説明とか、内容のない文章は読んでいません、というより読みたくありません。

あなたのLINEを軽くみているとか、ぞんざいに扱っている訳ではなくて、あくまで、男性の習性と思ってください。全く悪気はないのです。だから、会話している感じで、LINEを送ってください。テンポよくラリーするイメージです。すると、男性も軽く感じるので、読みやすくなります。

 

3  LINEで気持ちを分かってもらおうと思わない

女性には、彼に自分の気持ちを聞いてもらいたいという願望がありますよね。で、LINEで、自分の気持ちを熱心に送っている人も多いかと思います。しかし、男性は、LINEで女性が気持ちを送ってきても、解決策を提示してしまうんですね。

なぜなら、LINEで、話を聞いてほしいとは思っていないので。男性は、話を聞くことはリアルですることと思っています。もちろん、リアルでも女性の話を聞けない男はたくさんいますけど。

もっと言えば、LINEって、テキストなんですね。だから、文章をいかようにも解釈できるってことです。リアルだと、言葉のイントネーションや、表情で、伝わる感情も、テキストだとそれはできません。

つまり、自分の気持ちを送った後、それに対するレス(既読スルーも含む)の裏側にある相手の気持ちが気になってしまいます。で、ちょっとしたことで、ネガティブに考えやすくなるんです。

だから、相手の意向や、気持ちの確認は、できるだけ、リアルのときに行いましょう。どうしても無理なときは、電話でもいいです。自分にとって、重要なことほど、リアルを重視してください。

LINEはあくまで、連絡のツールで、2人のコミュニケーションを助けるものです。LINEが全てではないということを理解しておきましょう。

 

4  既読スルーを気にしない

「そうは言っても……」と思う方はたくさんいらっしゃると思います。けれど、男と女では、レスに対する考え方が違います。男は、どうしても、早く決めなければならないこと、例えば、待ち合わせの時間を決めるというような感じのことだと、レスしなければと思います。

しかし、感情的なこと、例えば、「今日、会えて嬉しかった」とか、「心配している」とか「大丈夫」という感じのことだと、レスしなければという気持ちにはなりません。だから、返事があったりなかったりということになります。

なぜなら、レスしなくても、特に困らないからです。ちなみに、僕は、既読スルーされたら、1週間後くらい後に、雑談を送ってみてくださいとよく言いますが、これは、相手に気がついてもらうためにすることであって、それ以上の意味はありません。

少し、話がそれましたが、ただ、既読スルーされたら、どうしてもメンタルが下がりますよね。だから、そのときは、そういった自分を受け入れてください。ネガティブに思っても大丈夫ですし、彼に怒りを感じても構いません。

無理にそういった感情をなかったことにしようとすると、よけいに落ち込みますし、イライラもしてしまいます。「しょうがないな」と自分に優しくしてあげてください。

やってはいけないことは、すねたLINEやヒステリックなLINEを送ったりしてしまうこと。彼も戸惑ってしまいますし、場合によっては、めんどくさい女と、冷められてしまいます。ぜひ、気をつけてくださいね。

今日は、そんな感じで、以上です。

よかったら、お友だちになってください。「個別の恋愛相談」と限定コンテンツを配信中。登録してくださった方には、「運命の人の見つけ方」をプレゼントしています。

友だち追加

 

詳細はこちら。

よかったら、こちらもどうぞ。

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp 

田端裕司の著書一覧

ぜひ、読んでみてください。きっと役に立ちます。