You cannot copy content of this page
恋愛、婚活

未来の恋人に出会うためにやってはいけないこと。

 私は自分が大好きな作家さんの名前すら聞いたことがなかった人と結婚しました。彼女は、今でも、その作家さんにさほど興味は示しません。家にその作家さんの本が並んでいても、ピンと来たタイトルの本をパラパラめくってみるくらいです。

 先日、友人たちと食事をしていたときのことです。

 未婚の女子もいたので、もちろん出会いの話にもなります。ある作家さんが好きな人の集まりだったので、「やっぱり、この作家さんの本を読んで、考え方を理解してくれている人がいいなあ。」という意見が大多数でした。

 事実、私もこの作家さんが好きな人と付き合いたいなあと漠然と思っていました。そして、その作家さんが好きな人の集まりに行っては、誰かいい人いないかなあ、ときょろきょろと当たりを見回していました。

 けれど、私が選んだのは、その作家にほとんど興味がない人です。

 では、なぜは私は今の奥さんに魅かれたのでしょうか?他の共通の趣味があったからでしょうか?それとも、「外見がめちゃくちゃ好みだったからという理由でしょ。」と思う人もいるかもしれません。どちらも当たらずとも遠からずですが、一番は、お互いの価値観がほぼ一緒だったからです。

 私の価値観は、前出の作家さんの影響をめちゃくちゃ受けています。けれど、彼女は、私と出会う前はその作家さんの存在すら知りませんでした。しかし、それでも彼女の考え方、生き方は、作家さんや私の考え方と一致する部分が多かったのです。

  結局、その作家さんを知っていようが、知っていまいが関係ないのです。偶然でも、考え方、価値観が一致する人は、世の中には必ずいるのです。

 大事なことは、全ての可能性を排除しないということです。ちょっとした色眼鏡で周りを見ているばかりに、出会いを逃しているなんてことはありませんか?その色眼鏡をちょっと外してみてください。「あっ、こんなところにいた。」なんてことがあるかもしれません。

 

無料恋愛相談はこちら

 

田端裕司からのお知らせ

田端裕司公式メルマガのご案内

良かったら、公式メルマガにご登録ください。こっそり本当の恋愛の話をしています。

詳細はこちらから↓

有料サービスのご案内

がっつり話を聞いてもらいたい、自分のうまくいかない恋愛体質を何とかしたい、こういった場合には、有料サービスをご案内しています。

詳細はこちらから↓

 

田端裕司の紙の単行本

ぜひ、読んでみてください。きっと役に立ちます。

田端裕司の電子書籍

いろいろ読んでみたい方は、Kindleunlimitedへの加入がオススメ。

もちろん、単品購入も可能です。