恋愛、婚活

彼が結婚してくれないから別れたほうがいいですか? アラフォー女子です。

「結婚を焦るのは、私ばかり……、けれど、彼は私の気持ちを考えてくれなくて……」

最近、35歳、女性からの結婚に関する質問が続いたので、僕の考えをシェアしておきます。男性の視点なので、ちょっと、不快に思う内容かもしれません。ご容赦ください。

将来のことをどう考えている?

35歳で、お付き合いが長くなると、女性は彼は将来のことはどう考えているの? とか、子どもがほしいから、彼に結婚について考えてもらわなきゃ、と思いますよね。シングルであっても、結婚して、子供を授かりたいと思うのなら、付き合う人は、将来のことを真剣に考えてくれる人じゃなきゃダメだと思うでしょう。

僕が若いときに、たまたま心理学のセミナーで知り合ったアラサーの女性が、35歳で結婚、37歳で出産できたらいいと言っていました。そんなにうまくいくのだろうか? ちょっと疑問に思いながら、話を聞いていたのを覚えています。

その後、彼女がどうなったかは分かりません。もちろん、うまくいっているかもしれないですし、今もシングルかもしれません。けれど、男と女のことです。スムーズにいく人ばかりではないことは間違いありません。

自分が35歳であれば、彼もだいたいその近辺の年齢です。そのくらいの年齢って、仕事がおもしろかったり、責任のある仕事を任されたり、管理職になる手前で、ストレスがある仕事をしている人も少なくありません。

だから、あなたが結婚したいと思っていても、彼の意識が結婚に向かなかったり、仕事に振り回されていたりして、彼が思うように動いてくれないこともしばしばあります。

結婚のタイミング

それでも、プロポーズは、やっぱり男性からと思っている女性は多いでしょう。けれど、彼の意識が結婚に向かないので、もちろん、プロポーズがあるはずもありません。そんな状況の中で、男性がもっとも結婚を考えるタイミングは、下記のとおりです。

  • ・仕事が一段落したとき
  • ・友人がみんな結婚してしまったとき
  • ・自分の健康が問題が発生して、弱気になったとき

 

そのときに一緒にいる女性と結婚したいと思うのです。これは、イス取りゲームと一緒です。イス取りゲームは、音楽が止まったときに、イスに座ります。だから、結婚したいと思ったときに一緒にいる女性と結婚するのです。

そんなの待ってられない

ただ、35歳ともなると、そんな絶妙なタイミングを待っていられないのが実情だと思います。子供を持ちたいなら、出産は歳を重ねるごとに難しくなるので、焦るからです。だから、たいていの場合、どちらかを選択します。もしくは、両方を選択する人もいるでしょう。

  • ・直接、話をする
  • ・外堀を埋める

 

直接、話をする場合には、いかに感情的にならないかということが大事です。ときどき、いただくのですが、結婚してほしいと泣きながら訴えたけれど、ごめんとしか返事がなかったという相談。

やはり、直接、話をする場合には、私と結婚した場合はこういったメリットがあるよ、ここで結婚しなかったら、こんなデメリットがあるよ、ということをきちんと伝えられるかどうかが大事です。

直接、話をするのが苦手な場合は、周囲を巻き込んで、外堀を埋めることが大事です。アラサーにもなると、両親は自分の子供が結婚するかどうかが気になります。親としては、孫の顔を見たいというのが本音。

息子に相手がいるなら、結婚したほうがいいということを伝える親も少なくありません。友人は、父親に結婚のことをどう考えているのかと、説明を求められたと冗談混じりに話してくれましたし、また別の友人は、相手の両親に呼ばれて、結婚せざるを得ない状況になったと嘆いていました。

自分の女友達に会わせて、彼に結婚のことを言ってもらうというのも有効です。もちろん、冗談っぽくか優しくが大前提です。あなたに直接、言われるより、やっぱり結婚しないといけないのかなあと思いやすいのです。

結婚って、愛情でするものではない

ここまで読んで、メリットを押せとか、外堀を埋めたほうがいいとか言うけど、結婚って、愛情でするもんじゃないんですか? と思うかもしれません。もちろん、愛情があるは大前提です。けれど、結婚に大事なことは、きっかけです。

現代は、結婚しなければ、セックスできない時代ではありません。物が溢れた恵まれた時代です。だから、一人でも生きていこうと思えば、それに対して何の障害もありません。子供を持つ、持たないについても、本気でうるさく言う人はいません。だから、結婚するきっかけがないのです。だから、いかに結婚するきっかけを作ることが大事なんです。

もちろん、結婚する気がないなら、本気で、別れたいと言うことも、彼にとってあなたの大切さを考えさせるきっかけになります。

彼を待てる期限を区切る

いろいろやってみました。でも、彼はその気になってくれません、という人もいるでしょう。そういった場合には、自分の中で期限を区切ってください。その期限が来たら、彼に遠慮なく、婚活をしてください。決断できない男と一緒にいても、その先には何もないからです。ダラダラと今の関係が続いていく、それだけです。

あるベストセラー作家が、30代は希望と絶望の狭間だと言いました。自分の得たいものを再確認してください。時間は有限です。自らチャンスを逃してしまうことになりかねないですから。

今日はそんな感じで、以上です。

よかったら、お友だちになってください。「個別の恋愛相談」と限定コンテンツを配信中。登録してくださった方には、「運命の人の見つけ方」をプレゼントしています。

友だち追加

詳細はこちら。

LINE@で恋愛相談を募集しています。プレゼントつき!  こんにちは、恋愛カウンセラーの田端裕司です。 このブログを読んでくださっている方と気軽につながりたいなあと思って、LINE@をやっ...

良かったら、こちらもどうぞ。

もし彼に「結婚する気はない」と言われたら。【前編】 「俺、結婚する気ないから」 「えっ…」 ...
もし彼に「結婚する気はない」と言われたら。【後編】「彼に「結婚する気はない」と言われてしまった。そして、それでもお付き合いしていれば考えを変えてくれると思っていたけれど、結局、うまくいか...
女は、こんな男に出会ったら、結婚を決意せよ。   離婚が全く珍しいものではなくなったのはいつの頃からだろうか。このブログを書いている間にも、1組くらいは離婚が成立している世の中で...