You cannot copy content of this page
恋愛、婚活

彼ともっと仲良しになるために

「一緒にやればいいんですよ、2人の問題として。そしたら、尽くすことも自然に減ります」

と、若い友人が自分の経験を話してくれました。

好きな人に好かれたい

女性は与えるのが大好きです。で、好きな人のためにがんばりたい生き物。だから、彼に何かをしてあげたくなります。で、彼に尽くし始めます。察することができるから、状況を見て、自分ができそうなことをやってあげたくるんです。

結果、最初は喜ばれます。でも、そのうち、彼が喜ばなくなります。彼も彼女を幸せにしたいのに、自分がやりたいことまで、彼女がやってしまうので、やる気がなくなるんです。結果、カッコイイ彼が、ダメ男に変身したり、束縛をされている気がして、離れたくなるんです。

しかし、彼女は最初に彼が喜んでくれたという成功体験を持っています。だから、自分が彼をダメにしていると気がつかないんですね。なぜ、彼は喜んでくれないんだろう? もっとがんばらなくちゃダメだと消耗していきます。

その結果が別れです。

ダメンズ製造機から脱出

冒頭の若い友人は、尽くし系女子だったそうです。でも、過去、ダメ男を生産してしまった結果、「一緒にやる」ということに行き着いたんだとか。彼女からすれば、一緒にやるということにすれば、尽くす、やってもらう関係がなくなる。

ふたりの問題として共有されるので、1人ではやりたくなくても、二人でやるなら、まあ、しょうがないかなとふたりともやる気になるそうです。

あるインフルエンサーのInstagramには、夫婦の生活がアップされています。そこで、ときどき、ある合言葉を使うと夫婦で片付けをするシーンが描かれています。で、めんどくさいことも、ふたりでやれば、短時間でできてイイね、ふたりの絆が深まるという感じです。

彼と仲良しになるために

これを脳科学的に考えると、何かを一緒にやって、それがうまくいくと、オキシトシンやバソプレシンというホルモンが分泌されるんです。オキシトシンは、幸せを感じるホルモンです。バソプレシンは絆が深めるホルモンです。

この2つのホルモンが分泌されることによって、2人の絆が深まるんです。絆を深まるというと、大きなトラブルやケンカを乗り越えたときに、絆が深まるというイメージですが、毛決してそんなことはなくて、日常的なことでも、一緒にやることで、絆が深まるんです。

一番簡単な例がセックスです。よくセックスカウンセラー、セラピストと呼ばれる人たちが、トラブっているカップルにとりあえずセックスをすることを勧めています。それは、セックスすることによって、バソプレシンが分泌されるからです。結果、離婚寸前のカップルがセックスすることによって、関係が修復されるんです。

彼を立てる

だから、デートプランを立ててくれないとか、家事をしてくれないと悩んでいる女性は、まずは一緒にやることから、始めてください。一つ大事なことは、ふたりでやったことと思っていても、実際にそうだったとしても、彼ががんばったから、うまくいったということを強調すること。

つまり、男性を立てるんです。すると、男性の俺が彼女を幸せにしてやっているという願望が満たされるので、次に一人でもやろうかという気になるんです。だから、そこのところだけ、注意してもらえるとイイですよ。

婚活疲れのアラサー、アラフォーへ

一緒にやることが大事なのは、カップルだけではなくて、もちろん、シングルの人同士が恋に落ちることでも、重要です。何か物事を一緒にすることで、絆が深まって、恋に落ちるんです。

結婚相手と出会った場所というアンケートでは、古典的な結果が出ています。今、マッチングアプリで出会いを見つけるということが盛んです。けれど、アンケート結果は、やっぱり、職場、学校、友人の紹介の比率が高いんです。

これって、やっぱり、出会って、その人と何かをやった結果、恋に落ちる確率が高いからです。職場なら、一緒に仕事しているので、プロジェクトで結果を出すために、一緒にがんばったり、クライアントからの苦情に2人で対応して、トラブルをクリアしたりして、絆が深まるからです。

学校だったら、授業を一緒に受けて、課題をクリアしたり、学祭を成功させるためのプロジェクトを一緒にがんばったり、クラブ活動でお互いを応援しあったりするからです。

友人の紹介だと、一緒に遊ぶことがメインですが、グループで何かをすることで、協力しあった結果、恋が生まれるんです。最近、オンラインサロンが増えてきていますが、その中でも、恋が生まれています。

サロン内のプロジェクトを一緒にやることで、苦楽を共にし、達成しようとするので、その過程で恋に落ちるんですね。

出会いとマッチングアプリと

もちろん、マッチングアプリを否定しているわけではありません。出会うということにかけては、マッチングアプリはとても役に立つものですから。ただ恋におちるとか、絆を深めるということならば、やっぱり目的を持って、何かを一緒にやることほうが大切です。

ただ、食事をしたり、映画を見たりするだけでは、恋に落ちにくいし、絆は深まりにくいんです。

マッチングアプリでうまくいかないとか、紹介されて会っても会っても、友達が増えるだけという人には、「何かを一緒にやってみる」ということをキーワードに、出会いや婚活を考えてみてください。

よかったら、お友だちになってください。「個別の恋愛の質問」と限定コンテンツを配信中。登録してくださった方には、「運命の人の見つけ方」をプレゼントしています。

友だち追加
LINE@で恋愛の質問を募集しています。プレゼントつき! こんにちは、恋愛カウンセラーの田端裕司です。 このブログを読んでくださっている方と気軽につながりたいなあと思って、LINE...
尽くす恋愛の最大の罠「◯◯してあげたのに、〇〇してくれない」 尽くす恋愛の最大の罠は、不満が溜まっていくことです。どんな不満かと言えば、これしかありません。「◯◯してあげたのに、〇〇してくれない」...
彼の気持ちが分からないと悩んでいる人へ 「彼の気持ちがイマイチ分からない……」 ...
婚活しても、パートナーができない人が持っている共通点はたった一つ、これしかない! 僕がよく受ける相談の上位に位置するものとして、「なかなかいい人に出会えません」というものがあります。先日も、福岡の方で、「出会いがない...
田端裕司からのお知らせ

田端裕司公式メルマガのご案内

良かったら、公式メルマガにご登録ください。こっそり本当の恋愛の話をしています。

詳細はこちらから↓

カウンセリングメニューのご案内

がっつり話を聞いてもらいたい、自分のうまくいかない恋愛体質を何とかしたい、こういった場合には、有料サービスをご案内しています。

詳細はこちらから↓

 

田端裕司の紙の単行本

ぜひ、読んでみてください。きっと役に立ちます。

田端裕司の電子書籍

いろいろ読んでみたい方は、Kindleunlimitedへの加入がオススメ。

もちろん、単品購入も可能です。