You cannot copy content of this page
恋愛、婚活

「彼が思い通りに動かない=愛情が冷めた」ではない

「GW、10連休だから、会えると思ってたんです。けれど、彼は帰省するって言ってます。こんなに会えてないのに、帰省が優先って、絶対に愛されてないですよね」

「付き合っているのだから、LINEは毎日するのが当たり前でしょう、けれど、彼はそんなにすると疲れるっていうんです。だから、彼は私のことを好きかどうか、不安に思っています」

「同棲してからしばらくして、仕事が忙しいせいかレスになりました。彼は私に興味を失ってしまったのかと、悶々としてしまいます」

「彼は、〇〇してくれないんです。私のことが本当は好きじゃないのかと思ってしまいます」という相談を本当にたくさんいただきます。もちろん、それほど彼があなたのことを本当に好きじゃないときもあります。けれど、あなたの思い過ごしのときもたくさんあります。

彼が思い通りに動かないと愛情を疑う

じゃあ、なぜあなたはこんなに彼の愛情を不安に思ってしまうのでしょう? 結論からいえば、あなたの主観、フィルタで判断しているからです。彼があなたの思い通りに動かないと愛情がないって判断してしまっているんですね。

ただ、それはあくまであなたの主観であって、本当に彼があなたに冷めているかどうかは、別の話です。

例えば、あなたは、彼からLINEを毎日送って欲しいと思っています。彼とのつながりを感じていたいから。だから、毎日、LINEをくれない彼は、私に愛情を抱いていないと判断してしまいがちです。

けれど、毎日、LINEはくれなくても、会っているときに、お店を予約してくれて、いつまでも、付き合い始めのときのようにエスコートすることが、自分にとって、彼女への愛情表現だと思っている場合もあるわけです。

つまり、自分の主観だけで、彼を判断しようとすると、思わぬ誤解をしてしまうことにつながりかねません。

特に注意が必要なのが、時間帯としては、夜。カレンダーとしては、周囲がざわざわしているときです。例えば、イベントがある季節、クリスマス、バレンタインデー、ホワイトデー。そして、4月などの周囲が新しいスタートと盛りがっているときです。また、自分の誕生日、記念日も、当てはまります。

気持ちを吐き出す

こういったときは、彼につれない態度を取られると、ネガティブに受け取り過ぎて、彼の愛が冷めたと落ち込みやすいのです。ちょっと、自分がヤバいなと思ったら、友人や周囲の人にでも、気持ちをシェアしましょう。もちろん、僕のような専門家でも構いません。

そうは言っても、いつもいつも友達が側にいるわけではないし、お金もかかるから、専門家にも頼みづらいです。そういった場合は、どうしたらいいでしょう? って思いますよね。

そういった場合は、気持ちを紙に書きましょう。書くことは、感情を放出する行為です。だから、それだけで楽になります。ネガティブな気持ちを抱くようになると、早く対処しなければ、どんどん風船が膨らむように大きくなります。

だから、早めに楽になる行動をとったほうがいいです。大きくなり過ぎた風船が破裂するように、ネガティブな気持ちを爆発させて、彼にぶつけてしまうと、関係が終了、つまり即別れにつながってしまうことだってあります。だから、早めに楽になる方法をとってください。

男心を研究する

そもそもの問題として、彼の愛が冷めたと判断を誤らないためには、どうしたらいいですか? と思いますよね。それは、男心を知りましょう。男性とはこういう考え方をするんだなということを知ってください。大枠を分かっていれば、彼のことがそこまでわからなくても誤解しにくくなります。

彼をよく観察しましょう。そして、彼の考え方、感じ方をよく知りましょう。前述のケースでいえば、彼が毎日LINEをすることが嫌いと知っていれば、不満に思うことはあっても、愛が冷めたとまでは思わないはずです。受け入れるしかないのかなと思うくらいでしょう。

彼の性格とか、価値観を知っておくことは、とても大事です、不安は、相手の気持ちがわからないことから、抱き始めることが大半です。恋愛をしているときは、好きという感情がついつい目を曇らせてしまいます。

けれど、日頃から、彼はどんな人なのか注意深く観察しておくことも必要なんです。

参考になれば、嬉しいです。

よかったら、お友だちになってください。「個別の恋愛の質問」と限定コンテンツを配信中。登録してくださった方には、「運命の人の見つけ方」をプレゼントしています。

友だち追加
LINE@で恋愛の質問を募集しています。プレゼントつき! こんにちは、恋愛カウンセラーの田端裕司です。 このブログを読んでくださっている方と気軽につながりたいなあと思って、LINE...
彼のLINEが減った=愛が冷めたわけではない。 「連絡がない=愛情がなくなったわけではない」 ...
「話し合い」とは最も2人の愛が冷める方法である。 「私、京都に来たからには宇治抹茶金時が食べたい」 ...
不満という名の愛情をぶつけても、彼は愛とは受け取らない 「なんで、連絡してくれないの?」 「私のことをもっと大切にしてよ」 「仕事と私、どっちが大切なのよ」 ついつい、彼に不満をぶつけてしま...
田端裕司からのお知らせ

田端裕司公式メルマガのご案内

良かったら、公式メルマガにご登録ください。こっそり本当の恋愛の話をしています。

詳細はこちらから↓

カウンセリングメニューのご案内

がっつり話を聞いてもらいたい、自分のうまくいかない恋愛体質を何とかしたい、こういった場合には、有料サービスをご案内しています。

詳細はこちらから↓

 

田端裕司の紙の単行本

ぜひ、読んでみてください。きっと役に立ちます。

田端裕司の電子書籍

いろいろ読んでみたい方は、Kindleunlimitedへの加入がオススメ。

もちろん、単品購入も可能です。