恋愛、婚活

結婚、同棲を始めたら、ケンカが増えた、うまくいっていないあなたへ

季節のせいのか、たまたまなのかは分かりません。最近、同棲しました。最初はうまくいっていましたが、彼との関係がうまくいかなくなってしまいました、というお悩みをよくいただきます。

結婚して、初めて一緒に暮らす人も同じように、こういった悩みを抱える方もたくさんいます。だから、これから、結婚しようと思っている人、彼と結婚を考えている人も、参考にしてもらえると嬉しいです。

同棲、結婚生活を始めたら、ケンカが増える理由

他人と一緒に暮らすということは、それ自体がストレスがかかること、という意識を持ってくください。もちろん、それはずっとという意味ではなく、お互いに慣れるまでということです。

でも、家族と一緒に暮らしていた時期もあるわけだし、一緒に暮らすのが、好きな人であれば、問題ないんじゃないの? と思うかもしれません。けれど、産まれてから、ずっと一緒にいるオリジナルファミリーと、同じように考えてはいけません。

オリジナルファミリーは、自分の価値観にもっとも影響を与えた存在です。もちろん、良い意味でも悪い意味でも。言い換えれば、そこで、自分の価値観が形成されたと言ってもいいでしょう。そして、幼い頃から、一緒にいるので、否が応でも、自分をさらけ出す機会も多かったはずです。そして、一緒にいる時間が長いので、寛容になれる範囲が分かっています。

しかし、パートナーは、赤の他人です。当然、生まれ育った環境が違います。だから、あなたと全く同じ価値観ではありません。そして、カラダの関係を持ったからといって、初めて、自分を晒すことも多いです。そして、どの程度、相手に対して、寛容になれるか分かりません。

すると、何が起こるのか? そう、一緒にいること自体がストレスになってしまうのです。1人の時間が持てる空間や時間があれば、まだいいのですが、そういった空間や時間がなければ、とてもしんどいです。

想像してみてください。1人ならできるおならも、誰か一緒にいると思ったら、しにくいですよね。仕事から、疲れて帰って、今日は、何もせずにベッドに潜り込みたいと思っても、パートナーが話しかけてくれば、相手にしないといけないという気がします。

それが積み重なっていくとストレスになるんです。オリジナルファミリーだと、おならしても、そこまで誰かに気にする必要はないですし、疲れているときは、早く寝たいと断ることもできますから。

彼氏とは価値観が違う

そういったストレスに、価値観が違うというストレスが重なってきます。自分の家だと、お皿の向きは、こうだった。でも、パートナーは、こっちに向けたがる。もちろん、こんなことは、ちょっとしたことです。

けれど、他人と暮らすストレスを感じているので、小さなことが大きなストレスに感じるんです。で、ちょっとしたことで、イラっとしたり、ケンカになりやすくなったりするんです。

男女の違い

これは、男性は、1人の時間を持ちたがります。これは、仕事で使う男性ホルモンを回復させるためです。ただ、1人でぼんやりしたいというだけではなく、マンガを読むとか、スマホをいじるとか、ゲームをするとかも含まれます。

しかし、女性は、コミュニケーションを求めます。つまり、会話がしたい、自分の気持ちを聞いてもらいたいんです。だから、そこにトラブルの種があります。つまり、家に帰ったら、一息入れたい男と、その日あったことを聞いてもらいたい女性。ぶつかりますよね。だから、またストレスになるんです。

彼氏と距離感

特に女性に多いのですが、何でもかんでも自分がしなくてはいけないと思っているケース。また、ついついパートナーに何かやってあげたいと思う女性。こういった人は、パートナーとの距離感が、一緒に暮らすことによって、ゼロになりやすいです。いわゆる重い女になってしまうんですね。

逆に、お互いに仕事が忙しすぎたり、他のことが興味が熱中してしまって、生活がすれ違いすぎると、距離が離れてしまって、もはや一緒にいる必要があるのかと思ってしまいます。これは、距離が離れ過ぎています。

けれど、うまくいく男女関係には、適切な距離感が必要です。誰にでも、キープしたいパーソナルスペースがありますよね。これ以上、近よってきたら、イラっとする距離。でも、これ以上、相手と離れていたら、やりにくい距離です。

それと同じように考えてください。男女にも適切な距離感があるんです。一緒に暮らすことによって、この距離をキープすることが難しくなります。だから、注意する必要があるんです。

仲良しカップルになるために

こういったことに対する対策は、どうしたらいいですか? と考えますよね。具体的な方法はいろいろあります。本質的には、お互いの違いを尊重しようとする姿勢を持ち続けるです。他人だからという前提で、言葉を発したり、行動したりするんです。

尊重しようとする姿勢を一瞬持つことは、それほど難しくはありません。ただ、持ち続けるということになると、とても難しいです。一瞬尊重するなら、点ですが、その点と点をつないで、線にしようとするのは、大変です。

この姿勢が、ふたりの気持ちをキープするのには、欠かせません。永遠の愛を誓ったからといって、永遠の愛が約束されるわけではありません。その誓いが守られるかどうかは、ふたりの努力です。

こんなことを伝えると、同棲することや、結婚して一緒に暮らすことに躊躇する人もいるかもしれません。けれど、やっぱり、ふたりで暮らすことでしか得られないものもあるんです。癒しとか、安心とか、支え合いとかがそれに当たるでしょう。

今日は、そんな感じで以上です。参考になれば、嬉しいです。

よかったら、お友だちになってください。「個別の恋愛の質問」と限定コンテンツを配信中。登録してくださった方には、「運命の人の見つけ方」をプレゼントしています。

友だち追加
LINE@で恋愛の質問を募集しています。プレゼントつき! こんにちは、恋愛カウンセラーの田端裕司です。 このブログを読んでくださっている方と気軽につながりたいなあと思って、LINE...
2019年 ブスでも結婚していく女 美人でも結婚できない女「つい感情的になってしまって…」 「田端さんのお返事を待たずに、彼にLINEをしてしまったんです、そしたら、案の定、ケンカになりま...
【恋愛の処方箋】彼に結婚を意識してもらうためにやるべきことと伝え方、見極めるタイミング「独身女性をちょっと幸せに」がテーマのDOKUJOさんで、記事を書かせていただきました。良かったら、読んでみてください。 ...
結婚後も情熱的な気持ちをキープするためには? 「結婚後も情熱的な気持ちをキープするためには、どうしたらいい?」というテーマで、トークしました。 良かったら、見てください...
女は、こんな男に出会ったら、結婚を決意せよ。   離婚が全く珍しいものではなくなったのはいつの頃からだろうか。このブログを書いている間にも、1組くらいは離婚が成立している世の中で...
田端裕司からのお知らせ

田端裕司公式メルマガのご案内

良かったら、公式メルマガにご登録ください。こっそり本当の恋愛の話をしています。

詳細はこちらから↓

カウンセリングメニューのご案内

がっつり話を聞いてもらいたい、自分のうまくいかない恋愛体質を何とかしたい、こういった場合には、有料サービスをご案内しています。

詳細はこちらから↓

 

田端裕司の紙の単行本

ぜひ、読んでみてください。きっと役に立ちます。

田端裕司の電子書籍

いろいろ読んでみたい方は、Kindleunlimitedへの加入がオススメ。

もちろん、単品購入も可能です。