You cannot copy content of this page
恋愛、婚活

「これをきっかけにして欲しい」という話

最初が肝心なんです。

結婚してアパートで2人暮らし始めてまだ10日です。

起きなきゃ、洗濯しなきゃ、干さなきゃ!

ご飯作らなきゃ!あれしなきゃ!

って私が、勝手にやってるんだろーなーって思います。
彼はマイペース!笑

やって!と言えばやってくれるだろうけど、自分タイミングでやるから待つより、私が自分でやった方が早いからって感じで。

なんか。精神的に疲れます。こんな自分。自分で自分を。って感じで。神経がピリッとしてるのか、生理も遅れてます。

でも、わたしが気を抜いたら、マヂでめんどくさがりなのでやらなくなると思います。だから、自分で自分の、身体にやる癖がある適当着くまで頑張ろと思います。無理せずに。

こんにちは。恋愛コンサルタントの田端裕司です。Instagramに冒頭のようなコメントをいただきました。

おせっかいって、思われるかもしれないです。けれど、せっかくなので、妻との家事の分担についてお伝えします。僕は、一人暮らしの経験はありました。けれど、そのときは、本当に適当でした。

例えば、洗濯して、干して、乾いたら、そのまま着るという感じ。もちろん、アイロンをしてなかったら、明らかにおかしいものは、アイロンは当てていましたが。

夫が家事ができないと家が回らない

妻と結婚したとき、共働きでしたし、僕が家事をある程度できないと、家が回らないわけです。だから、なんとか家事を、3週間、がんばろうって思いました。

なぜ、3週間だったかといえば、当時、読んでいた本に、3週間、やり続けたら、習慣になって苦にならなくなると書いてあったからです。

で、妻に教わりながら、なんとか3週間がんばりました。で、習慣化したので、今は、何も思わずにカラダが動きます。

男は家事の全体像が分からない

前置きが長くなりなしたが、家事は彼と話をしたうえで、分担したほうがいいです。じゃないと、絶対に不満が溜まりますから。

家事は私がやって、彼には外で稼いできてほしいという考え方もあるでしょう。もちろん、いろんなカップルの役割分担があるので否定はしませんが。

僕もそうでしたが、多くの男性は、家事の全体像を分かっていません。名もなき家事という本が話題になりましたが、男性は、料理を作るという家事があることは知っています。

で、料理を作るためには、調味料を揃える必要がありますよね。けれど、男性はそこを分かっていません。当然、僕も分かっていませんでした。

だから、そういった名もなき家事も含めた家事の全体像を可視化して、彼にリストを渡し、話し合うのが一番です。

男は、言わなければ勘違いする

多くの場合、自分の親を参考に、家事のことを考えます。だから、彼の父親が家事をしていなかったら、家事は奥さんがすることとなんとなく思ってしまいます。

そして、相手と一緒にいる時間が長くなればなるほど、彼は、何か困ったことがあったり、頼りたいことがあるなら、言ってくれるだろうと思ってしまいます。

だから、家事の全体像をリスト化し、話をしたほうがいいのです。男性は公平が好きですから、分担が決まれば、自分の割り振りをこなそうとするでしょう。

最後に、最も大事なことは、家事の分担について、真剣に話をするなら、今が一番いいということです。

あなたと彼は、2人暮らしを始めて、まだ10日ということ。だから、彼も聞く耳を持ちやすいんです。けれど、一緒に暮らし始めて、2年も3年も経ってしまうと、彼も結婚生活の中での自分のスタイルができてあがってしまうんですね。

そうなってしまった後に、相手に家事の分担の話を持ちかけても、聞く耳を持ってもらうことがなかなか難しいんですよね。

そして、あなたの話を聞いてくれたとしても、一度、習慣になってしまったものを、変えるということは、本当に難しいですから。

だから、今がチャンスなんです。やっぱり、最初が肝心ですから。

良いと思ったことは手放さない

ここから、追記です。

コロナウィルスの影響がいろんなところで出ています。で、いずれ終息しますが、元に戻ることと戻らないことがあると思うんですよ。

もちろん、第2波が来るかもしれないから、元に戻せないってこともあるでしょう。やったことなかったけれど、案外良かったとか、無理に元に戻さなくても、オンラインで充分って思うこともあるでしょう。

つまり、政府が出している新しい生活様式じゃなくても、今回のことがきっかけで、それが普通になることもあります。

例えば、人が多い新宿の居酒屋で飲み会するより、オンライン飲み会のほうが、気楽みたいでお金もかからないから、そっちのほうがいいと思う人もいるでしょうから。

彼とあなたの関係を変えるチャンス

で、前置きが長くなりましたが、夫婦もこれを機に変わるチャンスなんです。今、テレワークが推進された結果、通勤時間がなくなった人もいます。

その結果、相手が料理に目覚めたとか、パートナーに任せっきりになっていた家事をするようになったら、いかに自分が仕事にかまけて、相手に大変な思いをさせてしまっていた、悪いと思ったといった話が出てきています。

また、今、世界では、夜の生活も増えています。で、コロナ離婚という話もありますよね。

何が言いたいのかといえば、ふたりの関係も変わるチャンスなんです。もし、あなたが、彼との関係において、困ったり、悩んだりしていることがあるなら、この機会を逃さずに変えていったほうがいいです。

もちろん、別れも含めてです。人って、きっかけがないと変われないんですよね。だから、コロナウィルスはネガティブなことだらけですが、いいきっかけにはなりますよ。

LINE@で恋愛の質問を募集しています。プレゼントつき! こんにちは、恋愛コンサルタント&エッセイストの田端裕司です。 このブログを読んでくださっている方と気軽につながりたいなあと...
いつまで経っても、彼は変わってくれない…。「私は、あなたが変わってくれたかなぁ? って、思い続けるよ。それでも、いいの?」 「…」...
別れるケンカにならないために知っておきたいこと5つ 「ケンカは、スキンシップの一つだから、適当にしたほうがいいよ」 ...
あなたと彼とでは、同じ世界を見ているようで違うという話 「彼は、私に対してすべきことをしてくれない」 「私がそれについて、伝えても、特に何も変わりません。逆に反発されます」...

この記事は、アメブロに掲載したものを加筆、修正したものです。

https://ameblo.jp/yujitabata2012/

田端裕司からのお知らせ

田端裕司公式メルマガのご案内

良かったら、公式メルマガにご登録ください。こっそり本当の恋愛の話をしています。

詳細はこちらから↓

有料サービスのご案内

がっつり話を聞いてもらいたい、自分のうまくいかない恋愛体質を何とかしたい、こういった場合には、有料サービスをご案内しています。

詳細はこちらから↓

 

田端裕司の紙の単行本

ぜひ、読んでみてください。きっと役に立ちます。

田端裕司の電子書籍

いろいろ読んでみたい方は、Kindleunlimitedへの加入がオススメ。

もちろん、単品購入も可能です。