You cannot copy content of this page
恋愛、婚活

彼は「変わらない」と思って、あなたは決めたほうがいいですよ。

「私のことを好きなら、やめてくれますよね?」

私には、今、付き合って1年半くらいになる彼氏がいます。片道2時間弱の中距離恋愛をしています。彼は3歳の頃からの幼なじみです。

彼のことは大好きだし、結婚できたらいいなとも思いますが、別れた方がいいのかなとも思います。

なぜなら、私たちはケンカの回数が多いんです。また、その内容も付き合い始めた頃とあまり変わりません。さらに、お互い感情的になってしまい、相手を傷つける言葉を言ってしまうことがときどきあります。

ただ、この点に関しては、話し合いを重ねていけば、なんとかなるのではないかと思っています。

私がネックに思っていることは、彼が喫煙者ということ。私には、難病の持病があり、受動喫煙には再発のリスクがあります。もちろん彼にも説明しているのですが、なかなか禁煙してくれません。

このままいくと結婚して子供ができてもタバコを辞められないんじゃないかと心配しています。

またギャンブルも好きで、依存症というほどではありませんが、どんなに忙しく疲れているときも、スマホから賭けています。

私は、人とのコミュニケーションを重視しています。だから、友達だろうと家族だろうと外出・外食先で不必要にスマホを触る人が元々苦手です。

彼にもそのことも伝えています。けれど、「ちょっと待って」と言うばかりです。そして、外食中も、ほぼ片手にスマホを持って、ボートレースを観戦し、その結果に、一喜一憂しています。

本当に、私が大事で好きなら煙草もやめられるし、スマホでのギャンブルも控えてくれると思っていました。

けれど、1年半くらい経った今でも彼の様子は変わることはありません。だから、何度もケンカになっています。

彼が本気で変わる気がなく、私もそんな彼を受け入れることができないのなら、好きでも別れるべきなのでしょうか?

こんにちは、恋愛コンサルタントの田端裕司です。

人は死を目の前にすると変わろうとする

僕の義父は、若い頃、お酒もタバコも大好きで、結構、ヤンチャをしていたそうです。

妻も、義母も、義妹もその話になると、苦笑いというか、失笑というか、何とも言えない顔をします。

で、40代後半に、そのムチャがたたって、生きるか死ぬかの病気を患いました。

その後、回復はしましたが、主治医から厳しく言われ、タバコはきっぱりやめて、お酒は休みの日にしか飲まないという生活になりました。

また、単身で、海外赴任していたので、健康には人一倍、気を使うようになったんです。

僕の叔父も同じような経験をしました。あなたもよく似た話を聞いたことがあるかもしれません。

で、僕は、この手の話を聞くたびに、人は死を目の前にすると変わらざるを得ないのだなと思うのです。

彼は、喫煙者で、賭け事が好きで、スマホばかり見て

さて、ご質問に戻ります。彼が禁煙してくれない、ギャンブルをやめてくれない、私と一緒にいるのに、スマホをいじることをやめてくれないということですよね。

また繰り返しになりますが、人は自分本位な生き物です。つまり、自分が一番大事なんです。

だから、自分にとって、メリットがあると感じれば、やめるでしょうし、メリットがないと思えばやめません。それは、一般的にやめたほうがいいと言われているものでも同じです。

そもそも、ギャンブルにしても、タバコにしても、スマホをいじるにしても、中毒性があります。中毒性があるものをやめるのは、簡単ではないです。

薬物で何度も捕まる有名人がいることがいい例でしょう。だから、私のことを好きなら、やめてくれるはずと思いたい気持ちはわかります。

ただ、現実的には、彼自身がやめるメリットを感じなければやめようとは思いません。さらに、いざ、やめようと思っても、そう簡単にはいかないでしょう。

彼はあなたに油断している

また、3歳からの幼なじみということも、彼がやめる気になれない理由になります。人は付き合いが長ければ長いほど、相手に油断します。

だから、あなたの言っていることをやらなくても、あなたが離れていくはずがないと錯覚してしまうのです。

以上のことから、彼は変わらないという前提のもとで、あなたは行動したほうがいいです。

結婚相手の理想は高く

恋愛は条件で相手を選んではいけないという話はよく聞くと思います。けれど、理想を高く持ったほうが、結婚生活は、うまくいくという大学の研究結果もあります。

あなたの年齢がいくつかなのかは分かりませんが、どうしても彼を選ばないといけないという理由は存在しません。しかも、あなたは難病の再発のリスクを抱えています。

だから、最初から、絶対譲れない条件が当てはまる人を探したほうがいいですよ。人は、そう簡単に変われないのですから。

あなたではなく彼が決めるということを忘れずに

追記です。

もちろん、変わってくれる可能性はゼロではありません。あなたを失ったら、キツいと思って、翻意してくれる人はいますから。ただ、あなたがどんなに言葉を尽くして説明したとしても、結局、彼が決めることです。

よくある話として、「彼に厳しく言ったら、一時期はやめてくれた。でも、結局、元に戻りました」というものがありますよね。これ以上、あなたを怒らせたら、別れ話につながるかもしれない、と思ったから、彼はやめたんです。けれど、

喉もと過ぎれば、熱さ忘れる

ということわざがあるとおり、あなたの怒りが冷めたら、誘惑に勝てずに、もしくは、やっぱりやめたくないと思って、元に戻ってしまう人は多いです。

だから、できるだけ、それをすることのメリットを伝えてください。あなたの場合でしたら、禁煙することのメリットです。

  • 健康になる
  • お金が節約できる
  • 私が彼のことをもっと好きになれる

ただ、あなたが「やめてほしい」とだけ言っても、彼には響きません。だから、メリットを、場合によっては、デメリットも一緒に、伝えて、できるだけ、彼に決めてもらうようにしてください。

もちろん、感情的にならずに伝えるのが大前提です。

参考になれば、嬉しいです。

LINE@で恋愛の質問を募集しています。プレゼントつき! こんにちは、恋愛コンサルタント&エッセイストの田端裕司です。 このブログを読んでくださっている方と気軽につながりたいなあと...
結婚することを彼は自分で決めたと思いたい 友人に言われたことがあります。 「あなたは、きちっとしているところは、めちゃくちゃきちっとしているけれど、どうでもいいと思...
彼にあなたの話を聞く姿勢にさせるために 「一言、先に言うだけで、彼はあなたの話を聞く姿勢になれます」 ...
「君を幸せにできないから別れたい」っていう言い方は不誠実です。 この先、僕ががんばっても、君を喜ばすことはできないと感じるので、別れたい...

この記事は、アメブロに掲載したものを加筆、修正したものです。

https://ameblo.jp/yujitabata2012/

田端裕司からのお知らせ

田端裕司公式メルマガのご案内

良かったら、公式メルマガにご登録ください。こっそり本当の恋愛の話をしています。

詳細はこちらから↓

有料サービスのご案内

がっつり話を聞いてもらいたい、自分のうまくいかない恋愛体質を何とかしたい、こういった場合には、有料サービスをご案内しています。

詳細はこちらから↓

 

田端裕司の紙の単行本

ぜひ、読んでみてください。きっと役に立ちます。

田端裕司の電子書籍

いろいろ読んでみたい方は、Kindleunlimitedへの加入がオススメ。

もちろん、単品購入も可能です。