You cannot copy content of this page
恋愛、婚活

あなたが彼の敵となるとき

「ばかだとわかっていますが、今でも好きです」

アラサーで、独身です。年下の彼氏と社内恋愛、結婚の約束していました。けれど、結局、付き合って半年で、ケンカ別れしてしまいました。

その後、しばらく身体の関係が続きました。最近、同期から、付き合っていた当初から、ずっと浮気をされていたことを聞きました。

そのことを、彼に確認すると、「心は動いていなかった」と言われました。けれど、連絡をとっていたこと、会っていたことは本当でした。

今はなぜか、「その同期と繋がっているお前とは関わりたくない」と言われています。自分のやったことを棚にあげ、浮気を告げ口した人を恨んでいるようです。

こんにちは。恋愛コンサルタントの田端裕司です。前の会社に勤めていたときに話です。

誰かが自分の敵になるとき

30になる前くらいに、転勤することになったんです。で、転勤先に、僕は誰も知り合いがいなかったんですね。

「心細いな」と思っていました。で、当時、親しくしていた先輩が、僕の転勤先に、昔、よく遊んでいた同期がいることに気がついたんです。

だから、気を使って、先輩の同期のAさんに「僕のことをよろしく頼むな」と連絡してくれました。

Aさんも心良く引き受けてくださいました。で、Aさんと一緒に働くことになったんです。そのうち、Aさんは、個性的な人で、周囲の人とも摩擦が多いことを知りました。

けれど、僕は、先輩から紹介してもらっていましたし、他の誰かから人となりを聞いても、噂は噂として気にしていませんでした。実際に、そのときは、僕に害はなかったですし。

しばらくして、僕の中では理由が不明確だったんですが、Aさんから、ケンカを売られるみたいになってしまったんです。

わざと僕に聞こえるような感じで、嫌味を言われたり、仕事の邪魔をされるようになりました。ただ、僕は先輩から紹介されていたこともあって、言い返しはしませんでした。

理由もハッキリ分からなかったですし。そうこうしているうちに、僕は、また別のところに転勤になりました。そこで、Aさんとの人間関係はいったん終わりました。

もちろん、僕がAさんに何かしていたのかもしれません。もしかしたら、Aさんに誰かが僕の悪い噂を吹き込んだかもしれません。

1つ言えることは、Aさんにとって、僕が敵になっていたことは確かでした。

5年後に、Aさんと再会し、またオフィス全体を巻き込んで、トラブルが発生するのですが、それはまたいつかどこかで。

彼は同期を敵とみなし、あなたも仲間かもと疑っている

さて、ご質問に戻ります。

実際はともかく、ある人が自分を攻撃しているとか、自分の立場をおどろかしているとか、自分の意見に同意していない感じると、その人を敵とみまして、攻撃的になる人が一定数います。

彼は自分が浮気したということをあなたに告げ口したので、あなたの同期のことを敵とみなしたんです。

「浮気した自分が悪いのに……」と思うかもしれません。けれど、人は自分本位な生き物です。だから、素直に反省できるときばかりではありません。

他の誰かのせいにしないと、自分の過去の傷がうずいたり、自分が悪いことをしていると罪悪感を感じてしまうので、メンタルがキープできなくなるときもありますから。

だから、彼は浮気をしたとか関係なく、自分にとって都合の悪いことを告げ口した同期を敵とみなしたんです。

で、実際はともかく、あなたは、同期と親しいと彼は思っています。だから、あなたは敵かもしれないと彼は感じています。ということで、あなたと一緒にいたくないんです。

どんな人でも、敵と一緒にいて、針のむしろの状態になるより、自分の味方の人と一緒にいたほうが心地よいですから。彼ももちろん同じです。

あなたが彼から離れたほうがいい理由

で、私は、どうしたらいいの? という話になりますよね。また同じ結論ですか? と思われるかもしれないですが、あなたは彼から離れたほうがいいです。理由は3つです。

  • 「関わりたくない」と言っているのに、無理に関わろうとすると、単なるしつこい女になるだけ
  • 人は変えられない。だから、あなたが何か言ったところで、彼は変わらない。なので、他の人を探したほうが遠回りに見えて結果的には早くうまく
  • このまま、一緒にいても、セフレの関係がダラダラ続き、カラダが搾取されるだけになるかも

好きな人でも、結婚して大丈夫かどうかはまた別の話

最後に、あなたが彼のことを好きであることをバカとは思いません。真剣にお付き合いしていたからだと思います。

ただ、「好きになった人」だからといって、あなたと長く一緒にお付き合いできるとか、結婚しても大丈夫かどうかは、また別の話です。

なので、「好きになれる人」ではなく、「好きになれて、結婚しても大丈夫な人」を見つけてくださいね。

今後の幸運をお祈りしています。

LINE@で恋愛の質問を募集しています。プレゼントつき! こんにちは、恋愛コンサルタント&エッセイストの田端裕司です。 このブログを読んでくださっている方と気軽につながりたいなあと...
結婚することを彼は自分で決めたと思いたい 友人に言われたことがあります。 「あなたは、きちっとしているところは、めちゃくちゃきちっとしているけれど、どうでもいいと思...
彼にあなたの話を聞く姿勢にさせるために 「一言、先に言うだけで、彼はあなたの話を聞く姿勢になれます」 ...
彼に恋愛のトリセツを読んでほしい 「彼は、あなたからの信頼を求めています」...

この記事は、アメブロに掲載したものを加筆、修正したものです。

https://ameblo.jp/yujitabata2012/

田端裕司からのお知らせ

田端裕司公式メルマガのご案内

良かったら、公式メルマガにご登録ください。こっそり本当の恋愛の話をしています。

詳細はこちらから↓

有料サービスのご案内

がっつり話を聞いてもらいたい、自分のうまくいかない恋愛体質を何とかしたい、こういった場合には、有料サービスをご案内しています。

詳細はこちらから↓

 

田端裕司の紙の単行本

ぜひ、読んでみてください。きっと役に立ちます。

田端裕司の電子書籍

いろいろ読んでみたい方は、Kindleunlimitedへの加入がオススメ。

もちろん、単品購入も可能です。