You cannot copy content of this page
恋愛、婚活

本命女子だったはずなのに、急に彼から別れを切り出されました…

こんにちは。恋愛コンサルタントの田端裕司です。

今日は、嫌な話をします。よく恋愛メディアなど、本命女子だけにする男性の態度とか行動といった感じ記事を見かけます。脈ありサインの記事とかも、その一例ですね。

引け目を彼が「問題ない」と言うと「本命だ」と思う

例をあげるなら、

「年齢は関係ないよ」
「働いてくれるだけで、嬉しいよ」
「バツイチ? いろいろ大変だったんだね。でも、俺は別に気にしないよ」
「シングルマザー? だったら、子どものこと含めて、将来のことを考えているよ」

といった感じです。自分がコンプレックスに思っているところ、相手に対して、引け目に思っているところを受け入れてくれたら、嬉しいし、私は本命だと思っちゃうんですよね。

で、記事を見ても、本命のサインに該当しているわけですから、当然といったら、当然です。

本命だったはずなのに、急に態度が変わる彼

けれど、記事でいうところの本命の態度や言葉をしてくれていた彼から、急に連絡がなくなったとか、扱いが雑になったとか、そういった経験をしたことがある女性もいると思うんですよ。あなたもその一人かもしれません。

ここから嫌な話をします。多くの男性は、初めてカラダの関係を持つ前の女性に対しては、必ずあなたの気持ちをあげようとします。

嫌な言い方にになりますが、関係を持ちたいので、あなたの気持ちをあげて、その気にさせようとするのです。

だから、全てのことを気にしない、問題ないとポジティブにあなたに伝えます。で、関係を持った後、あなたと真剣にお付き合いをするかどうか考え始めるのです。

だからといって、初めて関係を持つ前が真剣じゃないとは限りません。再度、真剣に考えると言ったほうが正しいかもしれません。

なので、残念ながら、脈ありサインとか、本命かどうかの見分け方については、正直、あまり当てになりません。

あなたも彼も変わっていきます

また、ふたりの関係が進んでいくに連れて、あなたも彼も変わっていきます。

なので、本命女子にだけする言葉、行動を彼がしてくれていたとしても、関係が長くなればなるほど、しなくなることも多いです。けれど、気持ちが冷めたというわけではないんですね。

付き合った当初は、LINEが毎日あったのに、半年経った今では、1週間に2、3回になってしまったというのが、よくあげられる例です。

OKと思っていたことがNGになるとき

で、いくつかの事件があって、関係がギクシャクし始めたとき、お付き合いを始めるときには、受け入れられていたことが受け入れられなくなることはよくあります。

で、結果として、

  • やっぱり、年齢が…
  • バツイチの女性ということで、親が強硬に反対して
  • 自分の子どもではないので、責任が持てない

といった感じで、建前的な別れの理由にされるんです。もちろん、本当の別れの理由は言いにくいので、伝えられません。自分が悪い人になるからです。

話がうまくまとまらなかったんですが、恋愛、男女関係、夫婦関係って、一瞬一瞬の積み重ねです。

なので、相手と信頼関係を構築していくことが大事なんです。もちろん、男側も同じです。

軽くワガママを言ってみたときの相手の態度を観察する

追記です。

昔、相手が悪い男かどうか見極めるために、昼間、買い物に付き合ってもらってください、みたいな記事を書いたんですね。もうかなり昔のことで、文章も下手だし、リンクは貼らないですけど。

なんで、それが見極めに有効かといえば、一般的な男性にとって、時間がかかるめんどくさいことだから。悪い男って、相手のために時間を使おうとは思わないんですよね。そういった時間がかかるめんどくさいことでも、お願いしたら、やってくれるかが大事。

もちろん、やってくれているときの態度もよく観察してください。付き合ってくれても、目は笑っていないとか、あなたのペースを考えずに、さっさと終わらせたいみたいな感じだと、警戒したほうがいいかもです。

これは、お互いさまですが、交際中も、結婚しても、やっぱり都合のいいところばかりは、相手から受け取れないんです。なので、相手を試すではないけれど、相手のことを知るために、ちょっとめんどくさいことや、軽くワガママを言うこともときには必要なんです。

それを彼も待っているときだって、ありますからね。

追記終わり

この話を次回書くときは、もう少しうまくまったものを書きたいなと思いました。文章って、難しいですね。

参考になれば、嬉しいです。

LINE@で恋愛の質問を募集しています。プレゼントつき! こんにちは、恋愛コンサルタント&エッセイストの田端裕司です。 このブログを読んでくださっている方と気軽につながりたいなあと...
いつまで経っても、彼は変わってくれない…。「私は、あなたが変わってくれたかなぁ? って、思い続けるよ。それでも、いいの?」 「…」...
男性は、お付き合いの延長線上に結婚があるとは限りません。「タイミングについては、どちらか一方の努力では変えられないものなのでしょうか?」...
誠実なように見えますが、結局、不誠実とも思えます。 彼のこの言葉を聞いて、「人生のパートナーって、妻ではないのですか? 」と疑問に思いました。...

この記事は、アメブロに掲載したものを加筆、修正したものです。

https://ameblo.jp/yujitabata2012/

田端裕司からのお知らせ

田端裕司公式メルマガのご案内

良かったら、公式メルマガにご登録ください。こっそり本当の恋愛の話をしています。

詳細はこちらから↓

有料サービスのご案内

がっつり話を聞いてもらいたい、自分のうまくいかない恋愛体質を何とかしたい、こういった場合には、有料サービスをご案内しています。

詳細はこちらから↓

 

田端裕司の紙の単行本

ぜひ、読んでみてください。きっと役に立ちます。

田端裕司の電子書籍

いろいろ読んでみたい方は、Kindleunlimitedへの加入がオススメ。

もちろん、単品購入も可能です。