恋愛、婚活

相手が、真面目でも、誠実でも、話がうまくいかないとき

こういった場合は、彼のタイミングはともかくとして、自分のタイミングを探すといったほうが適切かもしれません。

こんにちは。恋愛コンサルタントの田端裕司です。

そんなもんかなあ…

2年ほど前の話です。仕事のことを相談していたAさんに下記のようなことを言われました。

「将来的には、〇〇になることを目指していきましょう」

ただ、今、振り返れば、当時の僕は、正直、ピンときてなかったんですね。「まあ、そんなもんかなあ」みたいな感じだったんです。

最近、Aさんとは全く関係ない方の心理学に関する動画を見ていたら、急に前述したAさんが話をしていたことを思い出したんです。

で、動画に当てはめて考えるなら、Aさんが言っていたことは、実は自分の心の声、本当の願望だったんだなあと気がつきました。

ということで、2年ほどかかりましたが、やっとAさんの言っていたことが腑に落ちました。

だから、どんなに僕に必要なことを言ってもらっていたとしても、タイミングがあってないと気がつかないんだなと思ったんです。

ちなみに、僕は、そういうことがよくあります。言われたときにすぐわかればいいんですけど、なかなかです。

話の内容よりも、切り出し方よりも

さて、恋愛、結婚、パートナーシップにおいても、タイミングがやっぱり大事です。よく、

彼に結婚のことをどう思っているか聞きたいけれど、どう話したらいいですか?
結婚のことを話したけれど、彼に聞き流されました……、彼にその気はないのでしょうか?

みたいな質問をいただくことがあります。1つ考えてほしいのが、彼に結婚の話をするタイミングがあっているか? ということです。

仮に、彼が転勤になって半年くらいのときに、あなたから結婚の話を切り出したとしましょう。彼が、自分の中で、仕事が落ち着いてないと感じていれば、将来的にその気はあっても、いい顔はしません。

だから、本音、後付けの理由をつけて、先送りしようとすることもあります。また、しつこいと感じてしまうと、他の人を探してほしいという気持ちになることだってあります。

タイミングを探している余裕がないあなたへ

だから、できるだけ、タイミングを探したほうがいいのです。もちろん、バイオロジカルクロックがあるので、そんな余裕がありません、というあなたもいるでしょう。

けれど、それでも、タイミングを探したほうがいいのです。自分に余裕がないときに、話をしても、感情的になりやすいので、こじれやすいのです。

こういった場合は、彼のタイミングはともかくとして、自分のタイミングを探すといったほうが適切かもしれません。

今回は、事例として、結婚を取り上げましたが、他のことでも同じです。聞く耳を持ってもらえないとか、伝え方がわからないと思ったら、まずはタイミングについて考えてみてください。

タイミングがあわなかった結果、終わりになってしまったカップルは、少ないのですから。

参考になれば、嬉しいです。

男性は、お付き合いの延長線上に結婚があるとは限りません。「タイミングについては、どちらか一方の努力では変えられないものなのでしょうか?」...
LINE@で恋愛の質問を募集しています。プレゼントつき! こんにちは、恋愛コンサルタント&エッセイストの田端裕司です。 このブログを読んでくださっている方と気軽につながりたいなあと...
あなただって、そのうち、できるようになる。「バレたら、ヤバいと思っていても、浮気してしまいますし、食べたら、太ると思っていても食べてしまうのが人間です」 ...
あなたも彼も結婚のタイミングではなかっただけですよ。同じように妥協して相手と結婚したと思ってしまうと、ずっとその思いが燻り続けます。...

この記事は、アメブロに掲載したものを加筆、修正したものです。

https://ameblo.jp/yujitabata2012/

田端裕司からのお知らせ

田端裕司公式メルマガのご案内

良かったら、公式メルマガにご登録ください。こっそり本当の恋愛の話をしています。

詳細はこちらから↓

有料サービスのご案内

がっつり話を聞いてもらいたい、自分のうまくいかない恋愛体質を何とかしたい、こういった場合には、有料サービスをご案内しています。

詳細はこちらから↓

 

田端裕司の紙の単行本

ぜひ、読んでみてください。きっと役に立ちます。

田端裕司の電子書籍

いろいろ読んでみたい方は、Kindleunlimitedへの加入がオススメ。

もちろん、単品購入も可能です。

You cannot copy content of this page