You cannot copy content of this page
恋愛、婚活

正直に全てを話したら、彼に信じてもらえなくなりました…

「相手に聞かれたことに対しては、きちんと返事するべきだとは思います。ただ、全てを伝える必要はないとも思います」

こんにちは。恋愛コンサルタントの田端裕司です。

中学、高校くらいの頃の話です。「お前は、人によって、態度が、全然違う」と言われたことがあります。

僕が、なぜ、そう言われてしまうようになったのか? という理由は簡単です。ある同級生たちとトラブってしまった結果、自分にとって苦手な人に対して、すっごく気をつかって接するようになったからです。

その様子を見た別の同級生が、自分に対する態度が偉そうなんじゃないの? というニュアンスで言ってきたんですね。

人によって、態度が違うのがむしろ当たり前

ただ、社会に出て、上司に対して、へこへこし、後輩には、威張っている人も見ました。

男と女では、全然、態度が違う人も見ました。顧客に対してと、内部に対しては、全然、態度が違う人も見ました。

SNSに投稿するときのキャラと、実際の人物は、全く違う人にも出会いました。だから、人によって、自分の態度が違うとか、自分の見せ方が違うのは、普通なんだなと思ったんです。

出会う人が多いので、自分の見せ方の種類も多くなる

で、最近、本で読みましたが、現代人は、出会う人が、昔に比べて格段に多いので、相手に合わせた自分の見せ方の種類も同じように多くなっているそうです。

だから、本来の自分を見失ってしまう人も多いのだとか。ということで、世の中を、生きづらいと感じてしまう人が増えているのかもしれないですね。

彼に全てを伝える必要はない

さて、パートナーには、全てを晒したほうがいい? とか、本当のことを正直に伝えたほうがいい? みたいなご質問をいただくことがあります。

僕は、相手に聞かれたことに対しては、きちんと返事するべきだとは思います。ただ、全てを伝える必要はないと考えています。

むしろ、伝えることは、取捨選択すべきだと思っています。例えば、相手も、あなたの過去の悪行みたいなものは聞きたくないです。

聞かれて、正直に答えた結果、相手に信じてもらえなくなったみたいな事例もあります。

人によって、向き不向きがある

パートナーに話したほうがいいこと、友人に話したほうが共感してもらえること、先輩に話したほうが理解してもらえることが、やっぱりあるんですね。

自分の良いところばかり、パートナーに見せなきゃと思う必要はありませんが、人によって、向き、不向きがあることを忘れないでください。

参考になれば、嬉しいです。

LINE@で恋愛の質問を募集しています。プレゼントつき! こんにちは、恋愛コンサルタント&エッセイストの田端裕司です。 このブログを読んでくださっている方と気軽につながりたいなあと...
同じことを相手に言われても、ポジティブに聞こえることもあれば、ネガティブに聞こえることもある「あなたと相手の気分や状況によって、お互いの言葉や行動を勝手に解釈するということ」...
まずは、彼ではなく、女ともだちに話すのが一番「男女関係なら、あなたがハッピーな気分であれば、出会いも増えるし、彼ともいい関係が維持しやすいということです」...
相手が、真面目でも、誠実でも、話がうまくいかないときこういった場合は、彼のタイミングはともかくとして、自分のタイミングを探すといったほうが適切かもしれません。...

この記事は、アメブロを加筆、修正したものです。

https://ameblo.jp/yujitabata2012/

田端裕司からのお知らせ

田端裕司公式メルマガのご案内

良かったら、公式メルマガにご登録ください。こっそり本当の恋愛の話をしています。

詳細はこちらから↓

有料サービスのご案内

がっつり話を聞いてもらいたい、自分のうまくいかない恋愛体質を何とかしたい、こういった場合には、有料サービスをご案内しています。

詳細はこちらから↓

 

田端裕司の紙の単行本

ぜひ、読んでみてください。きっと役に立ちます。

田端裕司の電子書籍

いろいろ読んでみたい方は、Kindleunlimitedへの加入がオススメ。

もちろん、単品購入も可能です。