恋愛、婚活

長い人生だから、別れたくなった。

目先のことだけ、考えたら、「別れたくない」という選択になるかもしれません。

こんにちは。恋愛コンサルタントの田端裕司です。

最近、マイクロソフトの共同創業者のビル・ゲイツ氏とその妻のメリンダ夫人が、離婚したというニュースが目にしました。

27年間の結婚生活だったみたいです。ビル・ゲイツ氏は、現在65歳。メリンダさんは、現在56歳。だから、人生の半分くらいを、一緒にいたわけですから、正直、思い切ったなと思いました。

離婚した後の人生が長くなった

ただ、人生が100年時代に突入した結果だなとも思いました。100歳まで、仮に生きるとしたら、ビル・ゲイツ氏は、残り、約35年。メリンダさんは、約44年です。

離婚の理由については、いろんなことが噂されていますが、残りの人生を一緒に生きていくには、価値観が離れすぎたんだなと思いました。

残りの人生といっても、昔に比べれば、格段に長いわけですから。

織田信長は、人生50年と舞いましたが、その時代くらいの平均寿命しかなかったら、離婚はしなかっただろうなと思います。

彼と別れたくないは、ゴールではない

さて、よく「支えてあげたいとは思いますが、ライフスタイルが違うので、このまま、一緒にいていいのか? と思います」とか、

「「思っていた人と違うから、お互いのために別れたほうがいい」と言われ、悩んでいます」といただきます。

目先のことだけ、考えたら、「別れたくない」という選択になるかもしれません。

時が経てば、彼とは見ている将来が違うこともある

ただ、必ず、時代の変化や、周囲の環境が変わっていくに連れて、あなたも、相手も価値観が変わります。

だから、一緒に暮らし始めた頃は、見ている方向が一緒でも、時が経てば、全く違う方向を見ていることだってあります。

その結果、長い目で見たら、別の人を選んだほうがいいということも起こるでしょう。

僕たちは、「別れ」というと、なんとなく、ネガティブなイメージを持ってしまいます。

けれど、結果的には、あのとき、別れて、正解だったと思うはずですよ。

参考になれば、嬉しいです。

LINE@で恋愛の質問を募集しています。プレゼントつき! こんにちは、恋愛コンサルタント&エッセイストの田端裕司です。 このブログを読んでくださっている方と気軽につながりたいなあと...
連絡が取れない別れた彼と復縁したいので、手紙を送ろうと思っています。「あなたと一緒にいることがいかに合理的で正解であっても、感情的にNGであれば、相手は離れていきます」...
コロナ禍で気がついたパートナーを選ぶときに大事なこと「不要不急なものって、相手の嗜好とか人間性みたいなものがよく出ます」...
別れるケンカにならないために知っておきたいこと5つ 「ケンカは、スキンシップの一つだから、適当にしたほうがいいよ」 ...

この記事は、アメブロの記事を加筆、修正したものです。

良かったら、アメブロもどうぞ↓

https://ameblo.jp/yujitabata2012/

田端裕司からのお知らせ

田端裕司公式メルマガのご案内

良かったら、公式メルマガにご登録ください。こっそり本当の恋愛の話をしています。

詳細はこちらから↓

有料サービスのご案内

がっつり話を聞いてもらいたい、自分のうまくいかない恋愛体質を何とかしたい、こういった場合には、有料サービスをご案内しています。

詳細はこちらから↓

 

田端裕司の紙の単行本

ぜひ、読んでみてください。きっと役に立ちます。

田端裕司の電子書籍

いろいろ読んでみたい方は、Kindleunlimitedへの加入がオススメ。

もちろん、単品購入も可能です。

You cannot copy content of this page