恋愛、婚活

彼はSNSの相互フォローをしたくない

「誰にも、言いたくないことがあります。悪いことをしていなくても、パートナーに言いたくないことはあります」

友達リクエストで困った話

こんにちは。恋愛コンサルタントの田端裕司です。

ちょうど、Facebookが流行り始めた頃です。友人と話していたら、

会社の先輩から、友人のFacebookのアカウントに、友達リクエストがあった。だから、困っていると言い出しました。

理由は、誰の目も気にせずに、自由に投稿したいのに、先輩とつながると、それができなくなる、でも、リクエストを知らない顔もできない、といった感じでした。

別の友人は、「だよなぁ、だから、アカウントはあるけど、職場では、やっていないことにしてる」と返してました。

で、僕は、Facebookのアカウントは持っていました。けれど、たまたま、そのとき、職場関係で、FacebookやSNSの話をする人がいなかったんです。

だから、僕も、そのテーマについて話してはいませんでした。

ただ、僕も、同級生や、職場などで、それほど親しくない人から、つながりたいと友達リクエストを送ってこられると、……と思うと思います。

彼は、1人時間を持ちたいもの

さて、

私は、Instagramをやっています。彼も、Instagramをやっているみたいです。けれど、彼は、私にInstagramをやっていないとウソをつきました。

私、付き合っているなら、SNSは相互フォローするのが、当たり前だと思うんですが……。

相互フォローがなんとなく監視されている気分になるので、嫌だという気持ちになるのは分かります。けれど、Instagramをやっていないとウソをつく理由が分かりません。

なぜ、本当のことを言ってくれないのでしょうか?

といったご質問をいだきました。繰り返しになりますが、男性は、1人時間を持ちたいものです。誰にも、干渉をされない時間を持つことで、ストレス解消をするんです。

誰にも、言いたくないことがあります。悪いことをしていなくても、パートナーに言いたくないことはあります。

逆に、パートナーには、言えるけれど、親友には言えないこともあるんです。彼のInstagramのアカウントが彼の中で、どういったポジションなのかは分かりません。

ただ、おっしゃられるとおり、なんとなく監視されているという気持ちになるから、アカウントの相互フォローしたくないという気持ちはあります。

彼がウソをつくメインの理由

で、ウソをつくメインの理由としては、あなたが彼のアカウントの存在を知ったら、なんだかんだで、相互フォローする状況になるのが嫌なんです。

例えば、インスタで、他の女性と仲良くしているんでしょ? だから、フォローしてほしくないんでしょ? といった感じで、詰められたあげく、相互フォローせざるを得ない状況になるのが嫌なんです。

あなたは、彼のアカウントの存在を知ってしまった以上、彼の投稿の内容や、彼の中のInstagramの立ち位置が気になるでしょう。

そして、ウソをついた理由も気になるでしょう。

あなたが無理にこじ開けようとするとこじれる

ただ、どういった理由であれ、彼がアカウントの存在を知られたくないと思っている以上、それを無理にこじ開けようとすると、必ず大なり小なりこじれます。

といったことを踏まえて、どうするかを考えてみてください。

冷たく突き放すように聞こえるかもしれませんが、人は、正解ではなく、合理的でもなく、自分の気が済むようにしたい生き物ですから。

あなたの幸運をお祈りしています。

友だち追加
LINE@で恋愛の質問を募集しています。プレゼントつき! こんにちは、恋愛コンサルタント&エッセイストの田端裕司です。 このブログを読んでくださっている方と気軽につながりたいなあと...
彼がマッチングアプリを退会してくれていない……。「彼がまだマッチングアプリにログインしているよって、友達が教えてくれたんです、どうしたらいいでしょうか……?」...
あなたが彼の敵となるとき「ばかだとわかっていますが、今でも好きです」...
あなたも彼も結婚のタイミングではなかっただけですよ。同じように妥協して相手と結婚したと思ってしまうと、ずっとその思いが燻り続けます。...
田端裕司からのお知らせ

田端裕司公式メルマガのご案内

良かったら、公式メルマガにご登録ください。こっそり本当の恋愛の話をしています。

詳細はこちらから↓

有料サービスのご案内

がっつり話を聞いてもらいたい、自分のうまくいかない恋愛体質を何とかしたい、こういった場合には、有料サービスをご案内しています。

詳細はこちらから↓

 

田端裕司の紙の単行本

ぜひ、読んでみてください。きっと役に立ちます。

田端裕司の電子書籍

いろいろ読んでみたい方は、Kindleunlimitedへの加入がオススメ。

もちろん、単品購入も可能です。

You cannot copy content of this page