恋愛、婚活

私の年齢だから、彼を好きにさせている

逆に、私の経験があるから、彼を好きにさせていると思うこともあるはずです。

こんにちは。恋愛コンサルタントの田端裕司です。

最近、NYの弁護士事務所で働く人を描いた「SUITS」という海外ドラマを見ています。鈴木保奈美さん、織田裕二さんで、日本版も製作されたので、知っている方も多いと思います。

裏切りの象徴とするか、成功の象徴とするか

軽くネタバレになるのですが、メインキャストの1人が、やったことの対価として、自分専用の個室を与えられるんですね。

で、彼の中では、ものすごい葛藤が生まれるわけです。ある人から見れば、裏切った結果、個室を与えられたわけですから。

で、動揺していると、所長が言うんですね、「この個室を裏切りの象徴とするか、成功の象徴とするかは、あなたしだいよ」と。

ということで、いつも、起こったこと、事象は中立です。意味をつけるのは、自分しだいなんですね。

自分の状況も同じように

さて、僕もあなたも、自分の状況をポジティブに思うときもあれば、ネガティブに思うこともあります。

例えば、自分が恋人より、かなり年上だったとしましょう。そのことについて、私みたいなおばさんとつきあって、彼は楽しいのかな? と思うときもあるでしょう。

逆に、私の経験があるから、彼を好きにさせていると思うこともあるはずです。

彼は、好きだと思った結果、あなたを選んでいる

なので、どちらの意味にするかはあなたしだいです。もっと言えば、彼はあなたが好きと思って、あなたを選んでいます。

だから、自分で自分を下げるのは、選んでくれた彼に失礼だと思いませんか?

参考になれば、嬉しいです。

LINE@で恋愛の質問を募集しています。プレゼントつき! こんにちは、恋愛コンサルタント&エッセイストの田端裕司です。 このブログを読んでくださっている方と気軽につながりたいなあと...
彼が別れを決意するときに決め手となるもの 男性は、その女性が持っている期待に応えられないと思ったとき、別れを決意します。...
あなたも彼も結婚のタイミングではなかっただけですよ。同じように妥協して相手と結婚したと思ってしまうと、ずっとその思いが燻り続けます。...
「この人を逃しても、また次があると思いやすい」「結婚する前にカラダの関係を持つことが当たり前になったことによって、決めにくくなった人が増えた」...

この記事は、アメブロを加筆、修正したものです。

https://ameblo.jp/yujitabata2012

田端裕司からのお知らせ

田端裕司公式メルマガのご案内

良かったら、公式メルマガにご登録ください。こっそり本当の恋愛の話をしています。

詳細はこちらから↓

有料サービスのご案内

がっつり話を聞いてもらいたい、自分のうまくいかない恋愛体質を何とかしたい、こういった場合には、有料サービスをご案内しています。

詳細はこちらから↓

 

田端裕司の紙の単行本

ぜひ、読んでみてください。きっと役に立ちます。

田端裕司の電子書籍

いろいろ読んでみたい方は、Kindleunlimitedへの加入がオススメ。

もちろん、単品購入も可能です。

You cannot copy content of this page