恋愛、婚活

彼を独占したい…。

f:id:koisurublog2012:20180211163927j:plain

恋愛=独占したい

極論すればそうなります。逆に独占したいという気持ちがなければ、恋愛ではないと言う人だっているかもしれません。特に女性はその傾向が強いと言えます。その分かりやすい例がセックスです。

セックスするときに、「もう他の女とセックスしないで」とほとんどの女性は思うものですから。これって、言い換えれば、彼を独占したいという気持ちですよね。だから、独占欲と恋愛は切ってもきれないものと言えるでしょう。

独占欲があるのは当たり前

ただ、人によっては独占欲って、なんとなく悪いものと思ってしまっている人もいるでしょうし、この話の流れからすると、独占欲って、悪いことなの? って勘ぐってしまう人もいるでしょう。

もちろん、独占欲は悪いものではありません。好きだから独占したいと思うのは当たり前の感情です。男性も、彼女に自分が独占されていることを嬉しく思う瞬間がありますし、自分も彼女のことを独占したいと思う欲もありますから

独占欲の副作用

ただ、もちろん独占欲にも副作用があります。ほらほら…、と思ったかもしれません。ただ大事なことなので、ちょっと続きを伝えさせてください。

女性は、彼とお付き合いを始めると、彼に何かをしてあげたいと思います。当然ですよね。女性は、そもそも与えたい生き物ですし、好きになるということは、その人のために何かしたいと思うことだからです。

で、何かしらしてあげるわけです。お弁当を作ってあげる、洗濯してあげる、掃除をしてあげる、デートのときはお店を予約してあげる、人によっては、お金をあげるという人もいるかもしれません。

もちろん、最初は男性は喜びます。サプライズを受けたという気持ちにもなりますし、愛されているという気持ちにもなりますから。その喜ぶ姿を見て、女性はまたやってあげたくなりますし、もっと別のことまでやってあげようという気持ちになるのです。

このときの女性の気持ちを考えてみましょう。もちろん、彼のためですよね。これを否定する人はいないでしょう。もちろん、僕も否定しません。でも、それは、最初のうちだけです。

そのうち、自分のために変化していきます。自分のために、彼に尽くしたいと思うようになるんです。「?」と思った人もいるかもしれません。でも、自分のために彼に尽くしたくなるんです。

なぜなら、彼に愛されたいから、尽くすんですね。ここで視点が変わります。彼目線ではなく、自分目線で尽くすようになるからです。もっと言えば、彼のニーズは関係なくなるんです。彼がやってほしいことではなく、自分がやりたいことで尽くすんですね。

そうやって、自分の独占欲を満たすんです。もちろん、彼には愛されません。彼の自由にしたいところまで奪っているわけですから。そう、蜘蛛の巣に引っかかった彼を糸で絡めて自由を奪っていくイメージです。つまり、彼のために尽くすという名前の束縛です。

自由にしたいところが違う

「いやでも、ときどき社長の奥さんなんかで、ご主人のスケジュールを全て管理しているみたいな女性もいるじゃないですか?  それはどうなんですか? 」と思う人もいるかもしれません。それは、その人によって自由にしたいところが違うだけです。

スケジュールの管理は苦手だからお願いしたい、ただし、仕事には一切口を挟まないでほしいという人もいれば、自分のスケジュールをパートナーに管理されるなんて、うざいと思う人もいます。

またファッションはよく分からないので、パートナーが選んだものを着る人もいれば、自分のファッションには口を出してほしくないという人もいるからです。

自分の視点に注意する

つまり、視点を大事にするってことです。あなたがやっていることは、自分が愛されたい目線なのか、それとも彼目線なのかということです。その視点を持つことで、あなたのパートナーへの関わり方が変わってきます。

自分が愛されたいってことにフォーカスしていれば、やっぱり、彼のためにと言っていても、結局、自分のためになってしまうんです。逆に、彼目線で考えていると、彼のニーズが読み取れますし、彼の無意識だけど、求めていることがわかるようになります。

よくある話ですが、「大丈夫」と彼に声をかけると、「大丈夫」って、必ず返事が返ってきますよね。でも、男性はほぼ「大丈夫」としか返事ができません。弱いところを見せるのが苦手だからです。

もちろん、普通に大丈夫な場合もありますが、なかには「大丈夫」と言っていても、「ヤバイ、どうしよう」というケースもあるわけです。そういったときに、スムーズに彼に助け船を出せるのが理想です。ただ、それはすぐにできるものではありません。

だから、まずは彼のために尽くしたいと思ったときに、視点がどこにあるかに注意しましょう。愛されたいからという気持ちから出てきているものなら、そのときは喜んでもらえても、最終的にはいい方向にはいきません。

彼目線で考えていくと、何もしないほうがいい、彼に自分に対して何かやってもらうほうがいいというときもたくさんあるんです。

独占欲を満たす方法は2つ

独占欲があっての恋愛です。そこは否定しません。しかし、尽くすという名の束縛をして自分の独占欲を満たすのか、尽くされて自分の独占欲を満たすのかでは大きな違いが彼の気持ちに生まれます。

前者は、あなたはポジティブな気持ちにさせるかもしれませんが、彼をネガティブな気持ちにさせます。逆に後者は、彼もあなたもポジティブな気持ちにさせるからです。

ぜひ、参考にしてみてください。

今日はそんな感じで、Ciao!!

よかったら、お友だちになってください。「個別の恋愛相談」と限定コンテンツを配信中。登録してくださった方には、「運命の人の見つけ方」をプレゼントしています。

友だち追加

 

詳細はこちら。

よかったら、こちらもどうぞ。

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp