恋愛、婚活

頼りない彼とおつきあいするときの処方箋

f:id:koisurublog2012:20180502222245j:plain

先日、こんな質問をいただきました。

「会社の後輩とお付き合いをしています。年下のせいか、彼が頼りなくて。優しくて、いい人なんですけど。つい、手を出したり、口を出したりしてしまいます。」

 

年下でも、年上でも、彼って、なんとなく頼りないなあって、思ってしまう男っていますよね。女性は、いざというときに頼りになる男に憧れますから。会社の後輩ともなると、先輩である自分のほうが仕事ができたりするわけです。当然と言ったら、当然かもしれません。

お姉さん目線は疎ましい

ただ、注意したいことは、男性は認められたい生き物だということです。またいつもの話ですか? と思われるかもしれませんが、男って、褒められてなんぼ、すごいって思われてなんぼ、なんですね。

だから、お姉さん目線で、あーだ、こーだと言われると、疎ましく思ってしまうものなんです。

フラットな関係だから身につく

少し僕の話をしましょう。僕は最初の彼女が5歳年上の女性でした。ただ、僕は初めて付き合うので、正直、手のつなぎ方からわからなかったわけです。もちろん、スマートなデートの方法もわからないですし、ベッドへの誘い方も分からないわけです。

でも、彼女は、フラットなお付き合いを求めてきたんですね。お姉さん目線ではなく、あくまで、対等な男女として。だから、よく怒ってました。女の気持ちがわかってないって。

僕は、考えすぎる性格なので、そのときはほとほと困り果てました。結局、彼女とは、一年ほどお付き合いをして、別れましたが。けれど、一つ身についたことがあります。どうしたら、女性が喜ぶのかということです。

僕はそれまで、女性から相談をたくさん受けていたので、女性の気持ちが分かったつもりになっていたんですね。けれど、実践してみるとなかなかうまくいかない。だから、自分の頭で考えて、女性を喜ばせることができるようになったんです。

これは、彼女がお姉さん目線ではなく、フラットな関係を求めてきたから、早く身についたんだと思っています。お姉さん彼女と年下彼氏で、関係を築いていたら、なかなか身につかなかったと思うんですね。

お姉さんは実の姉だけでいい

女性には、母性本能があります。だから、自分より弱いとか、できない人を見ると、つい、やってあげたくなるもんです。それは、彼だろうと、親だろうと、他の人だろうと関係ありません。

けれど、彼からみれば、母親は一人しかいません。お姉さんも実の姉だけで充分です。となると、あなたがお姉さん役をする必要もなければ、母親役をする必要もないんです。あなたの立ち位置は、彼女なんですから。彼女役をやらなくてはなりません。

前の会社の同僚の女性の話をしましょう。彼女はとてもいい人です。いろいろ親切に教えてくれました。けれど、僕は彼女が良かれと思って、教えてくれることにもやもやしていたんです。

自分が下に見られている気がして。先輩とか上司なら、また違うんです。ポジションが違うので。けれど、フラットな立ち位置なのに、なぜかいろいろアドバイスしてくる。僕の中では、ザワザワしたものがあったんです。そんな自分を突き詰めていけば、認められていないという気持ちだったんですね。

アドバイスは求められてから

ここで、一つ疑問に思うことがあるでしょう。じゃあ、彼にアドバイスをしてはいけないの? ということです。もちろん、アドバイスはすればいいです。しかし、アドバイスするにあたって、一つ大事なことがあります。

それは、急を要しない限り、大事にならない限り、彼が求めてきたときにだけアドバイスするということです。だから、ちょっとしたことであれば、口を挟まずに黙って静観するのが正解です。

男性は、できる限り、自分の力で解決したいものです。だから、横から口を挟まれるとストレスになったり、気が散ってしまいます。口を出した人を疎ましく思ってしまうものなんです。

だから、彼が頼りない、自分がやったほうが早いと思うこともあるかもしれません。しかし、それでは、彼を認めたことにはなりません。あえて、手を出すのをこらえて、待つことも大事なことなのです。

自力なら自信がつく

実際、彼が自力で解決すれば、彼の自信にもなります。そして、解決できたことを褒めてあげれば、さらに自信を深めることになります。男はなんだかんだ言っても、女性からの評価を気にしています。男は、女性にどう扱われるかによって、全く違う生き物になるのです。

頼りなくても、一人前の男として扱ってあげてください。そして、褒めることで、あなたが彼に自信を与えてあげてください。彼が年上だろうと、年下だろうと関係ありません。

いい女は、男に自信を与えることができる女です。結果を出している男には、良きパートナーである、彼女、奥さんがいるものです。ぜひ、あなたもそれにならってください。

今日はそんな感じで以上です。

よかったら、お友だちになってください。「個別の恋愛相談」と限定コンテンツを配信中。登録してくださった方には、「運命の人の見つけ方」をプレゼントしています。

友だち追加

 

詳細はこちら。

よかったら、こちらもどうぞ。

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp

www.koiblo2012.jp