読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋するBLOG

読めば効く恋愛サプリ!!

「LINE」がつまんないとさっさと男を見切ってしまう女たちへ

f:id:koisurublog2012:20161101100804j:plain

「LINEを交換しても、結局、フェードアウトされちゃうんだよね。」

「デートの日に車検だなんて許せない。と言われてあきれられた。その後は音信不通。」

 いい男に見えたけど

婚活パーティーで、カップルになったけれど、続かなかった男たちの嘆きである。女の言い分も分かる。とりあえず、パーティーでは、いい男に見えたのでカップルにはなった。でも、冷静になって、LINEをしてみたら、つまらない。めんどくさい。

 だから、フェードアウトした。何が悪いんだと思うかもしれない。でも、男の気持ちも考えてみてほしい。「婚活パーティーでカップルになった=チャンスをもらった」である。次は2人で食事だと意気込んでいるわけだ。そこで、フェードアウトされても・・・、困るわけである。

女の扱い方を知らない

 女の立場からすれば、「もっとデートに誘うなら、誘い方があるだろう」という思っているのかもしれない。でも、誘い方が上手けりゃ、とっくに片付いている。婚活パーティーにくる必要もない。そんな女の扱い方を知らない男ばかりが残ってしまうのである。

 自分が好きな男と結婚したい、当然である。スマートに誘ってくれて、話が面白くて、あなたを喜ばせてくれる。そんな男は残っているのだろうか。草食系男子があふれているこの世の中、絶滅危惧種といっても過言ではないだろう。もしくは、そんな絶滅危惧種に似たヤリチンだ。

お互いに選ぶ立場

 さて、あなたはどうだろうか。自信を持って自分のことをいい女と言えるだろうか。「yes」と即答できるあなたも考えてみてほしい。じゃあ、なぜ「私は出会いを求めてるのだろうか」と。

 もちろん、今まで仕事に熱中し過ぎて、ご縁がなかったということもあるだろう。または、1人の人と長くお付き合いしたけど、結局、うまくいかなかったってこともあるかもしれない。

 しかし、結局のところ、あなたも同じなのだ。そう、売れ残っている女なのである私は選ぶ立場だと言いたくなるかもしれない。けれど、あなただって選ばれる立場でもあることは事実だ。

ワンモアチャンス

 だから、不器用な男にもチャンスを与えてあげてほしい。出会ったのも、LINEを交換したのも、何かの縁である。確かに、LINEやメールといったテクノロジーを使ったコミュニケーションは下手かもしれない。

 けれど、会って話をすれば、やっぱりこの人いいかもと思えるかもしれない。じっくり話をすれば、共通の趣味が見つかるかもしれない。それを、LINEの内容だけで判断するなんてもったいない。

 私は忙しい。だから、つまんないLINEに構っている暇はないと言いたくなるかもしれない。少なからず、あなたという女に対して時間を割いてくれる男である。もう少し、優しくしてあげてもいいのではないだろうか。

チャンスは3回まで

 ここで、1つ疑問がでてくると思う。何度、チャンスをあげればいいのかということだ。答えは、多くて3回だ。3回以上チャンスをあげると相手は誤解してしまう可能性が高くなる。

 もちろん、会ってみたけれど、この人、生理的にナシだなと思ったり、彼としてはやっぱり無理と思うことだってあると思う。それはそれでしょうがない。チャンスをあげたけれど、やっぱりご縁がありませんでしたということは、よくある話だ。

原石の男を探せ

 出会いがない、ロクな男がいないと嘆いているなら、いつもより1回多く、男にチャンスを与えてあげてほしい。時間の無駄だと言いたくなるかもしれない。けれど、思わぬダイヤの原石が眠っていることも事実なのである。

 完成品ばかり探すより、原石を磨いてみることも考えてみよう。何度も言うようだが草食系が大半を占めるこの世の中だ。眠っている男のほうが多いのだから。

 今日はそんな感じで、Ciao!!

 良かったら、こちらもどうぞ。